ビーフ 裁判は肉屋で

ビーフ 裁判は肉屋で

リアリティ法廷番組にコミカルなひねりを加えた「BEEF」。ニューヨーク/ブルックリンのデリカテッセンを舞台に、主人公ルーと彼の家業、そして仲裁するさまざまな"事件"を追っていく。毎日、何かしらのモメゴト(ビーフ)を抱えた人々が、ルーが解決してくれることを期待して駆け込んでくる。

配信開始日:2018年10月01日

ビーフ 裁判は肉屋での動画まとめ一覧

『ビーフ 裁判は肉屋で』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

ビーフ 裁判は肉屋で

レンタルする

ビーフ 裁判は肉屋で

299 pt

ビーフ 裁判は肉屋で
視聴期間: 2日間 299 pt
視聴時間:02:26:00

リアリティ法廷番組にコミカルなひねりを加えた「BEEF」は、「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」とリアリティ法廷番組の「Judge Judy」が合体したような作品。ニューヨーク/ブルックリンのデリカテッセンを舞台に、主人公ルー(クリストファー・メローニ)と彼の家業、そして彼が仲裁するさまざまな"事件"を追っていく。ルーの店もルー本人も、この界隈で知らない者はいない。毎日、何かしらのモメゴト(ビーフ)を抱えた人々が、ルーが解決してくれることを期待して駆け込んでくる。昔ながらの堅実なアドバイス、簡明で公平な正義、あるいは、ビーフを気前よく切り分けてくれることを期待しているのだ。ルーは、店を手伝ってくれる自分の家族の仲裁もしなければならない。それぞれが実に意固地なのだ。だが、この番組の見所は何と言っても近所の人々の荒唐無稽な言い分。屋台で食べ物を売る者、DJ、フランス語教師、ダンス講師、離婚した人々、聖職者、演劇クラブの女優といった面々がやってきてはわめき散らす。誰もが正義を求め、誰もが言い分を聞いてもらいたい。そして何よりも彼らが待ち望むのは、ミート・ハンマーを振り下ろしてルーがこう宣言する瞬間……「俺に任せろ!」

ビーフ 裁判は肉屋での作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

ジェイク シマンスキ

製作

ジョナサン スターン

製作総指揮

マイケル・イアン ブラック、ジョー ロ・トルグリオ、ジョナサン スターン

脚本

ジョー ロ・トルグリオ、マイケル・イアン ブラック

製作年

2014年

製作国

 アメリカ

出演キャスト

クリストファー メローニ

クリストファー メローニ

マイケル・イアン ブラック

ジョー ロ・トルグリオ

ジョー ロ・トルグリオ

ジェームズ パンフレー

アンジェレ トリンバー

マイケル ブレイクロック

(C) 2014 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.