さくらの親子丼3

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

さくらの親子丼3

真矢ミキ主演 「さくらの親子丼」シリーズ待望の第3弾! 舞台は、再び民間子どもシェルター。 子ども担当弁護士に新川優愛 シェルターホーム長に山崎静代 名取裕子演じるおばちゃん弁護…

『さくらの親子丼3』の動画一覧

まとめ買い

全話第1話~第10話

  • 30日間 2,310 pt 〜

    30%OFF

行き場をなくした子どもたち / 邪悪なエナジー降臨! / ギリギリで向き合う命 / 幸せになる権利 / 消したい過去 / 誰かの未来のために / 本当のあなたを知りたい / 10歳、法廷に立つ / 未来は私が決める / 断ち切って、未来へ

本編

第1話 行き場をなくした子どもたち

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

九十九さくら(真矢ミキ)は、弁護士の三谷桃子(名取裕子)が新たに作った子どもシェルター、第2ハチドリの家でスタッフとして働いている。そこへ、親を訴えた10歳の子ども(清水香帆)と父親から教育虐待を受けている阪巻梨花(永瀬莉子)が救いを求めてきた。梨花のコタン(子ども担当弁護士)は、新人弁護士・宮部雪乃(新川優愛)が担当することになり、正義感に燃えて守ろうと決意するが…。豊富な経験と、子どもたちを温かく見つめる“強靭なおばさん”に待ち受ける新たな試練とは?待望の第3シリーズいよいよ開幕!

第2話 邪悪なエナジー降臨!

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

さくら(真矢ミキ)の元に、以前「ハチドリの家」に居た由夏(岡本夏美)からSOSの連絡が入る。悪質な風俗にスカウトされている西川夏美(西本まりん)を救ってほしいと言われ、会うことに。一方、雪乃(新川優愛)は自分の意思で自宅に戻った梨花(永瀬莉子)を心配し、説得しようと奮闘するが……。そんな中、ハチドリの家の新たな入居者・室井拓真(後藤田しゅんすけ)がやってくる。畑仕事も真面目にこなしている様子だが…垣間見せた顔とは?

第3話 ギリギリで向き合う命

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

ハチドリの家・ホーム長の多喜(山崎静代)は、入居中の片桐隼人(遠藤健慎)を連れて待望の住み込みで働ける工場の面接に行くことに。一方、雪乃(新川優愛)は、自らの意志で自宅に帰った梨花(永瀬莉子)が再び父親から暴力を受けているのではと心配するあまり、自宅前で待ち伏せし説得しようとするが……。子どもたちに熱心に向き合うスタッフを、かつての自分を見るように見守るさくらだったが、ついにある行動にでる。

第4話 幸せになる権利

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

大樹(細田佳央太)に借りたリストバンドを自分で返したいと真由子(井本彩花)から相談されたさくら(真矢ミキ)。人を信じてみようと行動を起こす真由子を応援したいと、大樹が出場するバスケの試合に同行することに。そこには真由子らしい姿が……。一方、真由子が子どもシェルターに来るきっかけとなった壮絶な過去が明らかになる。 同時に、さくらは岡林(鶴見辰吾)から折り入っての相談を受け、新たな嵐の予感となる。

第5話 消したい過去

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

岡林(鶴見辰吾)から、更生保護施設の建設反対運動に誘われたさくら(真矢ミキ)。ハチドリの家を続けるためにも町内の人とは対立しない方がいいと考えるが、徐々に立場や意見の相違を生み始める。一方、実兄の性的虐待のトラウマに苦しむ真由子(井本彩花)は、大樹(細田佳央太)への思いを断ち切ろうとしていた。しかし、みどり(hibiki)や朝子(倉島颯良)のちょっとした言葉に過敏になり激しく衝突してしまう。そんな真由子に多喜(山崎静代)はミットで、さくらは共に料理を作ることで子どもたちに寄り添う。

第6話 誰かの未来のために

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

真由子(井本彩花)に急性白血病の疑いがあると知ったさくら(真矢ミキ)は、父・門倉稔(中野剛)に会い、真由子が7歳の時に白血病を発症していた事実を聞く。さらに病院の記録から、骨髄移植の適合者がいると知らされるも、さらなる事実に愕然とする。さくらと雪乃(新川優愛)は、真由子を救うためある場所へ奔走するが…。一方、真由子は誰にも話していない過去が大樹(細田佳央太)にばらされていると知り、荒んだ気持ちを爆発させる。真由子を想った子どもたちはそれぞれに行動を起こし…。

第7話 本当のあなたを知りたい

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

真由子(井本彩花)は自分の過去を大樹(細田佳央太)に話し、大樹への想いを断ち切ろうとしていた。そんな中、さくら(真矢ミキ)は、急性白血病の疑いがある真由子に病院で検査を受けるように促すが「どうせ生きていてもいいことないから」と取り合わない。一方、虹ヶ丘高校の体育館に乗り込んだ不良がフリースクールの子ども達だという噂を聞いた岡林(鶴見辰吾)は、「更生保護施設建設反対」のポスターと署名用紙を持って、ハチドリの家に。改めてさくらに、フリースクールの存在を聞くが…。

第8話 10歳、法廷に立つ

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

ハチドリの家で子ども達と仲良く暮らしている大樹(細田佳央太)。岡林(鶴見辰吾)はさくら(真矢ミキ)に、大学受験を控えている時にハチドリの家が大樹を惑わせていると非難する。一方、希望(清水香帆)は次の裁判で本人尋問を控えていた。父親は次期市長選に立候補するため虐待を認めるわけにはいかず、母親も雪乃(新川優愛)たちに会ってはくれない。そんな中、さくらのぎっくり腰がきっかけで、希望が裁判を起こした理由が判明する。

第9話 未来は私が決める

  • 44分 
  • 8日間 330 pt 〜

さくら(真矢ミキ)たちは、希望(清水香帆)の裁判を機に人を思いやる気持ちが生まれた子ども達の成長に驚く。そんな折、庭作業の最中に真由子(井本彩花)が皆の前で倒れてしまう。心配する子ども達に対し、桃子(名取裕子)は真由子が実は病気であると説明する。大樹(細田佳央太)らは真由子の為に「自分の骨髄を移植して」と次々に訴え出るが…。意識が戻った真由子は、医師から骨髄移植の準備を勧められる。しかし、その適合者が実の兄の祐二(金井浩人)と察していた真由子は、一切承諾しない。それでもさくらは、真由子を救うために、雪乃(新川優愛)とともに再び拘置所を訪れ、祐二を説得しようと…。

第10話 断ち切って、未来へ

  • 43分 
  • 8日間 330 pt 〜

さくら(真矢ミキ)、多喜(山崎静代)は、拓真(後藤田しゅんすけ)から同窓会に行きたいと相談されるが、身の安全を守るため、外出許可はできないと伝える。その際さくらは、拓真の首を絞めて自殺を図った母親の意識が戻ったことも伝え、いずれにしても居場所が分からないようにすると約束する。母の容態に驚く拓真だったが、実は同窓会の狙いと母親の事件の真実には誰も気づいておらず…。その夜、サプライズで拓真と朝子(倉島颯良)の誕生日パーティーが行われる。二人にはさくらからあるプレゼントが用意されていた。一方、雪乃(新川優愛)は父からの連絡で、無理な相談を持ち掛けられ…。桃子(名取裕子)たちは、雪乃から思いがけない決心を表明される。