感謝祭での気まずい別れを悔やむキャシーは、マラソン練習中のリーを見つけだし、ターキーを渡して謝る。向かいの家では感謝祭を引きずったまま、ショーンがレベッカの流産とシカゴへの旅立ちを嘆き、父親気分を味わって買い集めた子供用品一式を手放そうとしていた。一方、ポールは自分とキャシーの健康管理のため、ハイテクのヘルスメーターを購入。アダムの新しい友達ポピーは、高校卒業20年目の同窓会に彼を連れていく。

最初は気の進まなかったアダムだが、やがて同窓会を楽しむようになり、ポピーの中年の同窓生たちに21歳のボーイフレンドとして自己紹介する。ところが事態は思わぬ方向へ。ポピーが姿を消し、女性用のトイレから電話でアダムにホテルの売店でタンポンを買うよう頼む。その後アダムは、彼女がトイレで体を傷つけていたと知り、動揺する。ショーンは近所の赤ん坊の泣き声にイラ立ちを募らせ、キャシーは高級ワインでリーを励まそうと、突然家を訪れる。酔っ払うキャシーとリー。キャシーは女性の胸に触れてみたいというリーの長年の夢を叶えさせる。

キャシーが家に戻ると、ポールが新しいヘルスメーターに代謝年齢を67歳と診断され、動揺していた。一方キャシーは実年齢より若く診断され、アダムは少し賢く、大人になって帰宅する。彼はキャシーに、ストレスで自傷行為に走っていた昔の近所の少年について聞く。体を引き締めると決意したポールの話を聞いている時、キャシーはショーンの家の異変に気づき家に行ってみるとショーンは姿を消していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001