ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

黒革の手帖

平凡な銀行のOLが一億二千万円を横領し、銀座に一軒の店を持った。
店の名前は「カルネ」。
女の野望が渦巻くこの街で、次に彼女が狙うものは・・・。

2010年11月19日 配信開始

お得なまとめ買い

第1話~最終話

1728ポイント 購入する
24%
OFF

第1話~最終話

2,268ポイント 1,728ポイント 24%OFF 14日間
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 最終話

各話一覧

並び順

第1話

324ポイント 購入する

第1話

324ポイント 7日間 01:00:07

東林銀行に勤める原口元子(米倉涼子)は、今日も営業用の笑顔で窓口に座っていた。その一方で、銀行の架空名義口座から大金を横領しつつ、架空名義預金者たちのリストを愛用の黒革の手帖に記していた。横領金が1億2千万円に達したとき、支店次長の村井(渡辺いっけい)らが元子の横領に気づく。それを知った元子は、そのまま銀行の外へ飛び出した。追いかけてくる村井をかわし、ほかの銀行に預けていた横領金をすべて引き出すことに成功した元子は、その夜、銀座の一流クラブ『燭台』で、きらびやかなドレスを身にまとい、ママの叡子(山本陽子)と共に客を見送っていた。必死で返済を求める村井らに、元子は黒革の手帖のリストを読み上げる。

詳細

第2話

324ポイント 購入する

第2話

324ポイント 7日間 45:35

楢林美容外科クリニックの婦長で楢林(小林稔侍)の愛人でもある市子(室井滋)を呼び出した元子は、楢林と波子(釈由美子)の仲を中傷し、いかに市子が楢林のクリニック発展に貢献したかを褒め上げる。市子の嫉妬を煽り、楢林と波子の仲を裂くように仕向けなければならない。市子の信頼を得るために、元子はしたたかな計算を働かせていた。元子の告白に衝撃を受ける市子に、元子は自分の連絡先と波子のマンションの住所を渡す。家に戻った市子は、元子の思惑通り、病院を辞めたいと言い出すが、楢林は市子が波子に妬いているだけだと思い、適当にあしらうのだった。そんななか、橋田(柳葉敏郎)が安島(仲村トオル)を『カルネ』に連れてくる。

詳細

第3話

324ポイント 購入する

第3話

324ポイント 7日間 45:36

安島(仲村トオル)に危ないところを助けられた元子(米倉涼子)は、警察に連絡するという安島に、藤岡(小野武彦)は不倫相手で大ごとにしたくないと誤魔化す。だが安島は、藤岡と元子の会話を立ち聞きしていた。数日後、楢林美容外科クリニックを訪れた元子は、出し渋る楢林(小林稔侍)から5千万円を受け取り、その内の1千万円を楢林からの退職金だといって市子(室井滋)に渡し、この金で喫茶店を始めることを提案、市子と一緒に不動産めぐりを始める。一方、元子に好意を持つ橋田(柳葉敏郎)が、本格的に元子へのアプローチを開始してきた。自分の誘いをうまくかわす元子に、橋田は「銀座一のクラブ『ロダン』を買ってやる」と言い出す。

詳細

第4話

324ポイント 購入する

第4話

324ポイント 7日間 45:27

安島とベッドをともにした元子は、これは過去を知られたことに対する口止めであり、自分は一生誰も愛さないと安島に言い放つ。それは、安島に惹かれていく自分自身への戒めの言葉でもあった。一方、赤坂の高級料亭『梅村』の元仲居だった新入りホステスの澄江(吉岡美穂)から、橋田が『梅村』を買い取るらしいと聞いた元子は、その事実を確認。『ロダン』を手に入れるべく、『梅村』を橋田から取り上げる材料として、医大への裏口入学斡旋の証拠を手に入れようと計画を練り始める。同じ頃、楢林から買い与えられたマンションを追われた波子(釈由美子)は、総会屋の長谷川(津川雅彦)に、楢林の仕打ちとその要因となった元子のことを訴えていた。

詳細

第5話

324ポイント 購入する

第5話

324ポイント 7日間 45:36

元子(米倉涼子)に、裏口入学周旋の証拠を突きつけられた橋田(柳葉敏郎)は、それはニセモノだと笑い飛ばす。というのも、澄江(吉岡美穂)が元子を裏切り、橋田と共謀、彼女が元子に渡した証拠はニセモノだというのだ。だが、元子は動じなかった。偶然、橋田と澄江が仲良く買物する姿を目撃した元子は、澄江を問い詰め、すべてを白状させていたのだ。さらに、元子にはもうひとつの切り札、"黒革の手帖"に書きとめた橋田の架空名義口座の記録があった。橋田はそれ以上抵抗できず、料亭『梅村』を元子に譲る旨の念書を書く。早速『梅村』の転売利益を見込んだ元子は、銀座一のクラブ『ロダン』を買収する契約を長谷川(津川雅彦)と交わす。

詳細

第6話

324ポイント 購入する

第6話

324ポイント 7日間 45:10

元子が新装オープンさせた『ロダン』に、波子(釈由美子)が客としてやってくる。元子や店のホステスたちに散々嫌味を述べ立て、店を後にする波子。翌日、元子は京都に向かった。離れて暮らしていた母親が京都の病院に入院したという連絡があったのだ。久しぶりの再会に、複雑な想いで病院に向かう元子を待っていたのは、昏睡状態の母だった。その一方で、元子は、婚約者と一緒にいる安島と、偶然にも京都で再会する。元子の前を素通りした安島だったが、数時間後、元子の携帯に安島から連絡が入る。約束の場所に現れた元子に歩み寄り、強く抱きしめる安島。だが、安島は「君が言うように、もう二度と会わないことにしよう」と別れの言葉を口にする。

詳細

最終話

324ポイント 購入する

最終話

324ポイント 7日間 01:16:00

安島(仲村トオル)の口から長谷川(津川雅彦)の屈辱的な伝言を聞かされ、愕然とする元子(米倉涼子)。長谷川に『ロダン』の残金2億1千万円どころか、キャンセル料8千4百万円さえも払えなくなってしまい、自分の着物や装飾品を売ってまで金を作ろうとするが、とても足りるような額にはならない。さらに、『ロダン』のマネジャーが店の売上金を持ち逃げしたことが発覚。困った元子は、叡子(山本陽子)に借金を申し込むが、逆に銀座のルールを説かれてしまう。そんななか、長谷川から連絡が入った。許しを請うどころか、殺されても一晩付き合うことはできないと答える元子に、長谷川は、自分の女になれば、一生面倒を見ようと申し出る。

詳細

キャスト

製作年 2004年 製作国   日本

これもチェック

 黒革の手帖を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001