市川 猿之助(松竹専属・業務提携)の動画まとめ

市川 猿之助(松竹専属・業務提携)さんの出演動画4本を配信!「舞台「スジナシ BLITZシアター Vol.6」 ゲスト:市川猿之助」「花戦さ」「100分de名著」などで活躍する市川 猿之助(松竹専属・業務提携)さんの作品動画が視聴できます。

名前:市川 猿之助(松竹専属・業務提携)(いちかわ えんのすけ) | 性別:男性 | 血液型:O | 出身:東京都

1980年、『義経千本桜』に4歳で初舞台を踏む。1983年、二代目市川亀治郎を襲名。以後若手実力派として、精力的に舞台に立ち続けている。歌舞伎座出演以外でも、『新春浅草花形歌舞伎』、2002年に自らが主宰する自主公演「亀治郎の会」を立ち上げ、2005年には『NINAGAWA十二夜』(蜷川幸生演出)、『好色一代女』(佐久間良子主演)など常に新しい分野に意欲的に挑戦する舞台活動は高い評価を得る。2006年は三谷幸喜氏、初歌舞伎演出作品の『決闘!高田馬場』にも出演し、評判を呼ぶ。2007年3月、パリ・オペラ座での『松竹大歌舞伎』に出演。同年、NHK『大河ドラマ「風林火山」』に武田信玄役で映像作品初出演。2008年4月、大河ドラマの興奮冷めやらぬまま、舞台『風林火山』(日生劇場)にて、武田晴信・山本勘助の二役を勤め、好評を博す。

出典:タレントデータバンク

『市川 猿之助(松竹専属・業務提携)』出演作品の動画まとめ一覧

最新作から過去の作品まで出演作品を一覧でご紹介しています。

2017年

舞台「スジナシ BLITZシアター Vol.6」 ゲスト:市川猿之助

鶴瓶×猿之助!台本なしの即興ドラマ舞台版!

花戦さ

秀吉ギャフン!けったいな男の仰天世直し術。

2010年

100分de名著

一度は読みたいと思いながらも、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていく。

none年

100分de名著

一度は読みたいと思いながらも、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていく。

こちらのキャスト・スタッフもチェック