一路 真輝の動画まとめ

一路 真輝さんの出演動画3本を配信!「心に響くサスペンス「隣の女」」「エリザベート-愛と死の輪舞-('96年雪組・宝塚)」「あかねさす紫の花(’95年雪組・宝塚)」などで活躍する一路 真輝さんの作品動画が視聴できます。

名前:一路 真輝(いちろ まき) | 生年月日:1965/1/9 | 性別:女性 | 血液型:B | 出身:愛知県

"宝塚歌劇団トップスターとして『風と共に去りぬ』(スカーレット・オハラ役)、『ベルサイユのばら』(オスカル役)などの話題作に出演し、1996年日本初演となる『エリザベート』(トート役)で退団。 同年に、東宝ミュージカル『王様と私』のアンナ役で女優としてのスタートを飾る。2000年にはタイトルロールとして東宝版『エリザベート』に臨み、その後2006年(日生劇場)まで出演。一方で『キス・ミー,ケイト』『イーストウイックの魔女たち』では一転、茶目っ気あるコメディエンヌぶりを発揮。また2006年日本初演『アンナ・カレーニナ』では哀しい運命のヒロインを鮮やかに演じる。 結婚・出産を経て、2010年3月、久々のコンサート『live@クリエ』を行う。同年末から5年振りの再演となる『アンナ・カレーニナ』で自身も5年振りに本格舞台復帰。以前にも増した熱い演技にミュージカル女優としての存在を新たにする。 1996年第22回菊田一夫演劇賞、2004年第12回読売演劇大賞優秀女優賞受賞。"

出典:タレントデータバンク

『一路 真輝』出演作品の動画まとめ一覧

最新作から過去の作品まで出演作品を一覧でご紹介しています。

2014年

心に響くサスペンス「隣の女」

『渡鬼』石井ふく子プロデューサー初のサスペンス!

1996年

エリザベート-愛と死の輪舞-('96年雪組・宝塚)

宝塚歌劇『エリザベート』の初演版!ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を描いたウィーン発のミュージカルを、“死、黄泉の帝王”であるトートを主人公にして、宝塚ならではの作品として上演。

1995年

あかねさす紫の花(’95年雪組・宝塚)

万葉ロマンの名作の再演。中大兄皇子・大海人皇子兄弟と額田女王とのドラマティックな恋を描く。

こちらのキャスト・スタッフもチェック