瀬奈 じゅんの動画まとめ

瀬奈 じゅんさんの出演動画11本を配信!「今日から俺は!!」「ときめきの原点#4「究極の男役・瀬奈じゅん」」「ミュージック・クリップ 「愛と死の輪舞」~月組『エリザベート』より~」などで活躍する瀬奈 じゅんさんの作品動画が視聴できます。

名前:瀬奈 じゅん(せな じゅん) | 生年月日:1974/4/1 | 性別:女性 | 血液型:AB | 出身:東京都

3歳からクラシックバレエを始め、高校1年の時宝塚歌劇団への入団を決意。1992年、『この恋は雲の涯まで』で初舞台をふむ。早い時期からその素質は注目され、2005年、『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』で月組トップスターとなる。宝塚版『エリザベート』で、ルキーニ、エリザベート、トート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大な人気を集める。2009年12月、『ラスト プレイ/Heat on Beat!』で宝塚歌劇団を退団。その際の清清しさは瀬奈じゅんを最も象徴するもので、今後の活躍が大いに注目される。主な出演作に、舞台(宝塚在団時)『グレート・ギャツビー』『ME AND MY GIRL』『あかねさす紫の花』『二都物語』『風と共に去りぬ』『マノン』、他。

出典:タレントデータバンク

『瀬奈 じゅん』出演作品の動画まとめ一覧

最新作から過去の作品まで出演作品を一覧でご紹介しています。

2018年

今日から俺は!!

フダつきのバカ。

ときめきの原点#4「究極の男役・瀬奈じゅん」

「宝塚」はときめきの宝庫。タカラジェンヌが何にときめいて宝塚を好きになったか、入団を決意したか、そこから、宝塚の魅力、作品の魅力、スターの魅力、舞台にかける想いなどに迫ります。

2009年

ミュージック・クリップ 「愛と死の輪舞」~月組『エリザベート』より~

月組公演『エリザベート』のミュージック・クリップ。

ミュージック・クリップ 「最後のダンス」~月組『エリザベート』より~

月組公演『エリザベート』のミュージック・クリップ。

エリザベート-愛と死の輪舞-('09年月組・宝塚)

オーストリア皇妃エリザベートと黄泉の帝王トートが織りなす愛憎劇。

Apasionado!!('09年月組・東京・千秋楽)

様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。

2008年

グレート・ギャツビー-F・スコット・フィッツジェラルド作“The Great Gatsby"より-('08年月組・日生)

1920年代を背景に、アメリカン・ドリームを追い求めた男の青春。

ME AND MY GIRL('08年月組・宝塚)

下町の若者が紆余曲折の末に伯爵家の跡継ぎに迎えられるという明るくロマンチックなミュージカル。ジャッキー役が役替わりで上演され、今回お届けするのは明日海りおがジャッキー役を演じたバージョン。

2004年

STAGE Pick Up リクエスト#1~花組『アプローズ・タカラヅカ!』より~

人気公演のワンシーンをそのままお届けするSTAGE Pick Up。

2002年

エリザベート-愛と死の輪舞-('02年花組・宝塚)

ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を、彼女と”死”トート、そして夫の皇帝フランツの愛憎劇として描くウィーン発のミュージカル。宝塚歌劇の代表作となった本作の春野寿美礼主演版お届けします。

1996年

RYOMA-硬派・坂本竜馬!II-('96年花組・ドラマシティ)

維新を夢み、幕末の日本を駆け抜けていった男、坂本龍馬の生涯を描く。1989年に上演された『硬派・坂本竜馬!』をスケールアップ。

こちらのキャスト・スタッフもチェック