片桐 はいりの動画まとめ

片桐 はいりさんの出演動画34本を配信!「ひねくれ女のボッチ飯」「捨ててよ、安達さん。」「私をくいとめて」などで活躍する片桐 はいりさんの作品動画が視聴できます。

名前:片桐 はいり(カタギリ ハイリ) | 性別:女性

『片桐 はいり』出演作品の動画まとめ一覧

最新作から過去の作品まで出演作品を一覧でご紹介しています。

2021年

ひねくれ女のボッチ飯

誰とも繋がらない孤独の食事『ボッチ飯』一人だからこそ美味い飯に集中し、日常を忘れて英気を養う!

2020年

捨ててよ、安達さん。

安達祐実が芸歴36年目にして最初で最後の安達祐実役!

私をくいとめて

脳内に相談役が《爆誕》した31歳おひとりさま&年下男子がおくる、わかりみ深すぎ!崖っぷちロマンス!

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

9時から5時まで、今日もきちんと戦いましょう!

歩くひと

「ちょっと歩いてくるよ」と妻に言い残して散歩に出た、井浦新さん演じる主人公。日本各地の美しい風景の中に迷い込み、ささやかな冒険を楽しみます。原作は谷ロジローさんの漫画『歩くひと』。

2017年

勝手にふるえてろ

2人の彼氏(?)の間で揺れながら傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメディ!

2016年

僕らのごはんは明日で待ってる

ラブストーリー初主演!中島裕翔×新木優子 最高も最低も乗り越える、7年越しの“うるキュン”青春ラブストーリー!

富士ファミリー

富士山のふもとにある小さなコンビニ「富士ファミリー」を舞台に長女・鷹子(薬師丸ひろ子)次女・ナスミ(小泉今日子)三女・月美(ミムラ)の美人三姉妹が織りなす、笑って泣ける家族の物語。

2015年

繕い裁つ人

頑固な二代目店主が、"人生を変える一着"を仕立てます。

MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所~美しき標的編

大ヒットシリーズ「MOZU」のスピンオフドラマ!

ジヌよさらば ~かむろば村へ~

一円も使わないで生きていくためにこの村にきました。

2014年

小野寺の弟・小野寺の姉

日本一・人生に不器用な姉と弟に、恋のチャンスが訪れた!?

薔薇色のブー子

超絶笑えるジェットコースター・アンラッキー・コメディ!!

小野寺の弟小野寺の姉 -お茶と映画-

ささやかで温かな、そしてちょっとおかしい他愛のない1日を描いたハートフル・ヒューマン・コメディー

昨夜のカレー、明日のパン

25歳で死んだ一樹。遺された嫁・テツコと一緒に暮らす一樹の父・ギフ(義父)。ふたりの物語を中心に、不思議な人々とふれあう中で、テツコが悲しみから解放され、再生していく姿を描く。

2013年

あまちゃん

「私、海女になりたいかも…」。祖母に憧れて海女を目指すアキは、やがて地元アイドルに。ヒロインの笑顔が元気を届ける人情喜劇。脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描くオリジナル作品。

2012年

クローズアップ現代+

クローズアップ現代+が目指すものは「社会のいまに正面から向き合い、世の中の関心に応える」こと。ジャンルを問わずテーマを深掘りし、混とんとする社会の羅針盤になることを目指す。

あさイチ

気になるニュースの背景を生活者の視点で掘り下げ、すぐに行動に移せる知恵を視聴者とともに考える情報番組。

2009年

非女子図鑑

本当のハッピーとは何かを問いかけるオムニバスコメディ。

片桐はいり4倍速

自由な発想で「片桐はいり」を調理!

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

私が今、亡き妻にしてやれることは、<真相>を暴くことだけです―。

2008年

Around40~注文の多いオンナたち~

天海祐希が贈る等身大のラブストーリー!

2007年

ドモ又の死

癒やされない女だらけの<ドラッグ&ドロップ>ミュージカル

図鑑に載ってない虫

禁断のコメディ!

2006年

かもめ食堂

ハラゴシラエして歩くのだ。

2005年

ベロニカは死ぬことにした

本当に幸せなセックス、したことがある?

2003年

キューティーハニー

日本のハートをチュクチュクしちゃう。

1999年

映画「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」

中谷美紀と渡部篤郎の大ヒットドラマ映画化

1988年

・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・

ゆうべ、交差点で、恋にぶつかりました。 重傷です。

none年

昨夜のカレー、明日のパン

25歳で死んだ一樹。遺された嫁・テツコと一緒に暮らす一樹の父・ギフ(義父)。ふたりの物語を中心に、不思議な人々とふれあう中で、テツコが悲しみから解放され、再生していく姿を描く。

あまちゃん

「私、海女になりたいかも…」。祖母に憧れて海女を目指すアキは、やがて地元アイドルに。ヒロインの笑顔が元気を届ける人情喜劇。脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描くオリジナル作品。

クローズアップ現代+

クローズアップ現代+が目指すものは「社会のいまに正面から向き合い、世の中の関心に応える」こと。ジャンルを問わずテーマを深掘りし、混とんとする社会の羅針盤になることを目指す。

富士ファミリー

富士山のふもとにある小さなコンビニ「富士ファミリー」を舞台に長女・鷹子(薬師丸ひろ子)次女・ナスミ(小泉今日子)三女・月美(ミムラ)の美人三姉妹が織りなす、笑って泣ける家族の物語。

歩くひと

「ちょっと歩いてくるよ」と妻に言い残して散歩に出た、井浦新さん演じる主人公。日本各地の美しい風景の中に迷い込み、ささやかな冒険を楽しみます。原作は谷ロジローさんの漫画『歩くひと』。

こちらのキャスト・スタッフもチェック