『超合体魔術ロボ ギンガイザー』の動画一覧

まとめ買い

第2話~第6話

  • 14日間 550 pt 〜

サゾリオン帝国の野望 / 出た!富士のヌメーラ / 蘇った古代シャチ / 岩石魔獣ヤシャガンタ / 双頭の古代象ナウマー

第7話~第11話

  • 14日間 550 pt 〜

古代海亀タートンの叫び / あがれ!ケンカ凧 / 海獣メトリオの牙 / 呪いの変幻魔獣 / ガマルス炎熱地獄

第12話~第16話

  • 14日間 550 pt 〜

恐山の決闘 / SOS!マンモスタンカー / 恐怖の古代熊グリズラー / ミイラ怪人古都に出現! / 怪鳥ウガーダ必殺ピック!

第17話~第21話

  • 14日間 550 pt 〜

金色の蘇生獣!イーグロン / 決戦!蘇生獣の墓場 / 磯あらし!原生貝獣 / あばれ猛牛一番星! / 急襲!ゲモラの谷

第22話~第26話

  • 14日間 550 pt 〜

謎の炎海流! / 大ザル山の紋次郎! / 恐怖のSL爆弾! / 捨て身のファイヤークラッシャー(前編) / 捨て身のファイヤークラッシャー(後編)

本編

再生
第1話 出動だ! ギンガイザー
  • 24分 
  • 無料

ゴロー・ミチ・トラジロー・三太の四人は、マジックランドで働いている仲良し四人組だった。彼らは、この遊園地のオーナーでもあるゴード博士から超能力マジックの訓練を受けていた。実はゴード博士は、はるか一万年前に地球にやって来たプラズマン惑星の連合艦隊指令長官だった。敵のサゾリオン大帝国のカインダーク将軍の地球征服の野望から地球を守るため、魔術ロボット・ギンガイザーを作り、そしてゴロー・ミチ・トラジロー・三太の四人にその操縦訓練を秘かにさせていたのだった。  ある日、いつものように四人が遊園地で働いていると、突然豪雨が襲った。ゴード博士はサゾリオンの作業だと確信し、四人に出動を命じる。こうして四人はギンガイザーと共に悪に立ち向かっていくのだった。

第2話 サゾリオン帝国の野望

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

今から13年前、ゴード博士の乗った飛行機が事故に遭って大惨事となった。その時、ゴード博士の超能力テレポート脱出によって助けられたのが、まだ幼かったゴロー達四人だった。その事故がサゾリオン一味のせいだと知った四人は打倒サゾリオンの決意を新たにする。サゾリオン帝国は、その昔、大魔玉アンダーレスを三つ造った。この三つの魔玉がサソリ座からエネルギーを導き合体するとき、地上は悪魔の大地と化すのだった。この三つの魔玉のうち行方不明になっているひとつが、日本の何処かにあるという。ゴード博士は、サゾリオン一味がこれを手に入れる前に、なんとか捜し出そうとゴローとミチの二人にこれを命じる。表向きはマジックショーの巡回という形で各地を回れというのだ。そして、ギンガイザーに変化する前のトレーラーには、アンターレスを探知するレーダーが付けられた。

第3話 出た!富士のヌメーラ

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴード博士の指令を受けて旅に出たゴローとミチは富士山の裾野の樹海にいた。一方、残ったトラジローと三太はゴード博士のもとで魔術の特訓を受けていた。しかし、どうしてもゴロー達と一緒に旅に出たい二人は、とうとう彼らの後を追いかけて富士山に行く。そこで二人は奇妙な動物の鳴き声を聞く。それはナメクジ怪獣ヌメーラだった。実はサゾリオン帝国の帝王カインダークの指令を受けた将軍ガバーラが、このヌメーラを味方にしてギンガイザーを倒そうとしていたのだった。 とうとう対決の時が来た。ギンガイザーは、将軍ガバーラに操られているヌメーラ親子を傷つけることなくサゾリオンの一味を追い払うことに成功する。

第4話 蘇った古代シャチ

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

知多半島沖で、謎の光が旅客機や夜釣りの人を犠牲にしているとの情報をキャッチしたゴード博士は、それがサゾリオンの仕業だと考えてゴローたちに出動を命じる。サゾリオンの占い師サロメによると、彼らの探しているアンターレスの大魔玉がそこにあるという。ゴローたちと知り合いになった老人が彫った木彫りのシャチをサゾリオンの帝王カインダークが蘇生獣シャチキングとして力を与え、ゴローたちを狙わせる。ゴローたちはギンガイザーを出動させてこれに対抗し、見事に勝利を納める。

第5話 岩石魔獣ヤシャガンタ

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴローたちは河原で泣きじゃくっている兄弟たちと出会う。彼らの母親が川に流されてしまったというのだ。ゴローは母親を助けるため洞窟の中に入って行く。すると、そこにはサゾリオンの一味が大魔玉を探しに来ていた。ゴローたちに気づいた一味は、攻撃を仕掛ける。彼らは洞窟の崖に埋もれていたヤシャガンターを蘇生獣として蘇らせるためにサゾリカオスを吹き込む。ヤシャガンターとギンガイザーの戦いは、熾烈を極めたが、今度もギンガイザーの勝利に終る。

第6話 双頭の古代象ナウマー

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

旅を続けるゴローたちは、ふとしたきっかけから山の中の分教場の子供たちと知り合いになる。その分教場の裏山で化石が発見される。それは古代象ナウマーの化石だった。サゾリオンの帝王カインダークは、古代化石が発見されたその場所にこそ大魔玉が潜んでいるのではないかと思い、ナウマーにサゾリカオスを吹き込む。こうして蘇生獣となったナウマーが分教場の子供たちに襲いかかる。ゴローたちはギンガイザーを出動させて子供たちの救出に向かう。

第7話 古代海亀タートンの叫び

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

西伊豆の海底から正体不明の球が見つかった。その球がアンターレス大魔玉ではないかと思ったサゾリオン一味は発見者の少年の家に向かう。一方、ゴローたちもゴード博士の指令を受けて西伊豆に急行する。その少年は球を秘密の場所に隠したためにサゾリオンの一味に捕まってしまう。その球は実は太古の地球上に生息していた海亀の卵だった。そうとは知らずに球を手に入れたサゾリオン一味だったが、その卵から古代亀タートンが孵化して現われた。そこに少年を助けるためギンガイザーがやって来る。サゾリオンの一味は古代海亀タートンを蘇生獣にしてギンガイザーに対抗する。

第8話 あがれ!ケンカ凧

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴローたちは、けんか凧という凧合戦を見物していた。凧を空にあげて相手の凧の網を互いに切りあうというものだった。そしてゴローは凧に人が乗って戦う本来のけんか凧に挑戦することになった。それを知ったサゾリオンの将軍ガバーラは、この機会にゴローを亡きものにしようと蘇生獣ダブラマグラを差し向ける。トラジローたちと合体してテレポートしないとギンガイザーが出動出来ないのだが、凧に乗ったゴローはなかなかテレポート出来ずにピンチに陥るが、ようやく凧から離れてギンガイザーの出動可能となる。そして、今回もギンガイザーは見事にサゾリオンの悪の野望を打ち砕くのだった。

第9話 海獣メトリオの牙

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

アンターレス大魔玉を探しているサゾリオンの一味は洞窟で魚とワニが一体になったような海獣を見つける。その海獣は、一億五千年前に栄えたメトリオという動物だった。将軍ガバーラはそれを蘇生獣にしてギンガイザー打倒を企む。ゴロー・ミチ・三太そしてトラジロ?の四人は合体してギンガイザーとなり、メトリオに向かう。サゾリオンの手によって蘇生獣にさせられたメトリオは、かわいがっていた少年の目の前でギンガイザーに倒されてしまう。メトリオの大きな目に涙がひとしずく流れ、そのまま海の中に消えていくのだった。

第10話 呪いの変幻魔獣

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ギンガイザーの元となる銀河号の調整をするため、ゴローたちはゴード博士のいるマジックランドに帰ってきていた。そこにテレビの臨時ニュースが入り、バミューダ沖で謎の航空機事故が起きたことを知った四人は、サゾリオンの仕業だと考え、さっそく調査に向かう。サゾリオンの今度の作戦は、今までにギンガイザーに敗れたシャチキングらの蘇生獣の恨みのカオスを宿らせた幻の変幻魔獣ヘンゲーラとギンガイザーを戦わせることだった。実態の無いヘンゲーラとの戦いでギンガイザーのエネルギーを消耗させて打ちのめそうというのだ。さすがのギンガイザーも今回は海中に沈んでしまう。喜ぶサゾリオンの大僧正ネクローマだったが、不滅のギンガイザーはゆっくりと海底から起き上がってくるのだった。

第11話 ガマルス炎熱地獄

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

三個揃うと宇宙的な悪魔力のエネルギーを出すと言われるアンターレスの大魔玉は、それ自体不思議な生命を持つかのように日本の地中をさまよっていた。サゾリオンの占い師サロメによるとその中のひとつがオドロ沼の近くの城下町にあることが分かった。そこでオドロ沼で死に絶えたといわれるガマルスを蘇生獣とすべく、サゾリカオスを吹き込むために、そのオドロ沼を焼き尽くすことになった。蘇生獣ガマルスは、大魔玉を狙って城下町にやって来た。そこにいち早くゴローたちも駆け付けた。蘇生獣ガマルスが大魔玉を手に入れる直前でギンガイザーはガマルスをやっつけ、大魔玉がサゾリオンの手に渡るのを防ぐことが出来たのだった。

第12話 恐山の決闘

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

大魔玉が恐山の地下にあることを知ったサゾリオンの一味は、蘇生獣ドカーネを使って地の底に眠る大魔玉を導き出そうとしていた。火山噴火のような現象に驚いた村人たちは、巫女であるお種婆さんに祈祷を頼む。大魔玉を取り出そうとするサゾリオンの力とそれを静めようとするお種婆さんの霊力とがぶつかり合って大魔玉はなかなかサゾリオンの手に入らない。そこで蘇生獣ドカーネは、お種婆さんと孫娘を襲う。一方、銀河号のレーダーが強い反応を示したため、恐山に向かっていたゴローたちは蘇生獣ドカーネの出現にギンガイザーを出動させる。お種婆さんの霊力にも助けられギンガイザーはドカーネ打倒に成功し、村には平和が戻る。

第13話 SOS!マンモスタンカー

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

サゾリオンのネクローマ大僧正によると三個の大魔玉はそれぞれ固有の性格を持つことが判明したという。第一大魔玉は土を好み、第二大魔玉は火を、そして第三大魔玉は水を好むというのだ。その第三大魔玉を探すため蘇生獣クラゲーラが海を荒らしていた。濃い霧の中、荒れた港の近くで原油を積んだタンカーが座礁してしまった。このままではタンカーはクラゲーラに破壊されてしまい、原油流出という大事故が発生してしまう。この様子を見ていたゴローたちは、直ちにギンガイザーを出動させ事態収拾に乗り出す。

第14話 恐怖の古代熊グリズラー

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

火を好む第二大魔玉が北海道方面にあることがわかったサゾリオンの一味は、古代熊グリズラーを蘇生獣にして大魔玉を手に入れることを目論む。ゴローたちもゴード博士の過去のデータ分析の結果、大魔玉の在り処を突き止め北海道に来ていた。そこでゴローたちは愛馬を探す少年と出会う。  翌日、少年はいなくなった愛馬の行方を求めて山林に入っていくが、大魔玉を探すため火を吹く蘇生獣グリズラーによってその山林が炎に包まれてしまう。ゴローたちはギンガイザーを出動させてこれに立ち向かう。

第15話 ミイラ怪人古都に出現!

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

京都の寺院が何者かによって次々と破壊されているというゴード博士の連絡を受けて、ゴローたちはさっそく現地に向かう。それは、京都の何処かの寺にあるといわれるカラス天狗のミイラを捜し出し、サゾリカオスを吹き込んで次なる蘇生獣にしようとするサゾリオン一味の仕業だった。蘇生獣となったカラステンガーは古都の町を暴れ回り、舞妓さんを襲う。ゴローたちはギンガイザーでこれに対抗し、無事舞妓さんを救出する。

第16話 怪鳥ウガーダ必殺ピック!

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴローたちは旅の途中、鵜飼いで有名な長良川に来ていた。一方、サゾリオンの占い師サロメによれば、長良川の鵜を蘇生獣にすることによって、水を好む第三大魔玉が捜し出せるという。これを聞いたサゾリオンの帝王カインダークは、自ら直々に長良川に出向き蘇生獣となる鵜を見つけ出すことにする。こうして蘇生獣ウガーダが誕生する。ウガーダは第三大魔玉を発見する。この大魔玉がサゾリオンの手に渡ることを阻止するためギンガイザーの出動となる。

第17話 金色の蘇生獣!イーグロン

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴローとミチは阿蘇山の麓に来ていた。そこへ、空から金色の大鷲が舞い降りてきてミチをさらって行ってしまった。これもサゾリオンの仕業だった。1万8千年前に、金色の大鷲イーグロンに乗って大魔玉を手に入れようとしたサゾリオンの王女のかわりをミチにさせようというのだった。そして抵抗するミチを催眠術によって王女に仕立てあげてしまう。王女となったミチは火を吹くイーグロンに乗って、火を好むという第二大魔玉を呼び寄せる。ゴローたちはギンガイザーを出動させて必死で抵抗するが、ミチがいないため最大威力を発揮出来ない。絶体絶命の危機にみまわれるが、大魔玉がサゾリオンの手に渡る寸前でミチの催眠術がとけ、ギンガイザーの勝利となる。

第18話 決戦!蘇生獣の墓場

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

サゾリオンの将軍ガバーラの度重なる失敗に業を煮やした帝王カインダークは自ら作戦の指揮をとることを宣言し、サゾリオンの敵、プラズマンのゴード博士を抹殺することを決意する。こうしてサゾリオン一味はニセの銀河号を操り、ゴローとミチを鍾乳洞の中に誘き寄せる。そこは蘇生獣たちの墓場だった。ミチを人質としたカインダークはゴローを使ってゴード博士をその墓場に呼び寄せる。ついにサゾリオンとプラズマンの対決の時が来たのだ。トラジローと三太も加わりギンガイザーの出動となる。ナウマー、タートン、クラゲーラなど、サゾリカオスを吹き込まれた蘇生獣たちが墓場から次々と現われ、ギンガイザーを襲う。しかしギンガイザーの強さは絶大だった。

第19話 磯あらし!原生貝獣

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

志摩半島近くで次々と海底火山が爆発するという現象が起きていた。アンターレス大魔玉のひとつが海底火山のマグマを引っ張って移動しているためではないかと考えたサゾリオンの一味は、この機をとらえて大魔玉を手に入れようとする。はるか昔に死に絶えたと言われるアンモガイの生き残りを海溝で捜しだして蘇生獣にするというのだ。アンモガイ捕獲のために、志摩半島で海女をしていた少女を捕まえて海に潜らせる。こうして蘇生獣となったアンモガイザーの前にギンガイザーが立ちはだかる。

第20話 あばれ猛牛一番星!

  • 24分 
  • 2日間 110 pt 〜

ゴード博士の指令によると、大魔玉は闘牛で有名な四国の宇和島の辺りを移動しているらしい。このことを察知したサゾリオンの一味は額に白い星印を持つ闘牛が蘇生獣になるとして、”一番星”という名前の闘牛に蘇生エキスの入った麻酔銃を打ち込む。蘇生獣ギューギュラスとなった一番星は暴れ猛牛となり、人々を襲う。そこへギンガイザーの出動となりギューギュラスは倒される。一番星を育ててきた少女は深く悲しむが、彼女のためにゴローたちは素晴らしい贈り物を持って来た。それは額に白い星印を持つ仔牛、一番星の子供だった。

この作品をみた人はこちらもみています