さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

いま、青春のあふれる想いをこめて汽笛がなる・・・
さらばメーテル、さらば銀河鉄道999

配信開始日:2011年11月11日

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅の動画まとめ一覧

『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

レンタルする

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

330ポイント

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅
視聴期間: 5日間 330ポイント
視聴時間:02:09:59

地球に帰り着いた星野鉄郎は、老パルチザンのもとで鉄郎は機械化人との戦いに武器をとって立ち向かう。そんなある日、メーテルからのメッセージが届く。『鉄郎、スリーナインに乗りなさい』鉄郎は再び999に乗りラーメタル星で降りる。そこは、メーテルの生まれ故郷であった。その星でミャウダーという若者と出会い深い友情を結んだ鉄郎は、「メーテルがプロメシュームの跡を継いだんだ。」という噂を耳にする・・・

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

松本 零士

監督

りん たろう

脚本

山浦 弘靖

製作年

1981年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

インターネットアニメーション 銀河鉄道999

インターネットアニメーション 銀河鉄道999

時空を越え、少年の夢を乗せた汽車が旅立つ!

銀河鉄道999

銀河鉄道999

若者はいま、未来へ旅立つ!

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

時間は夢を裏切らない

銀河鉄道999 出発篇

銀河鉄道999 出発篇

母との別れ、そしてメーテルとの出会い…

銀河鉄道999 空間軌道篇

銀河鉄道999 空間軌道篇

鉄郎とメーテルの旅は続く……。

銀河鉄道999 アンドロメダ篇

銀河鉄道999 アンドロメダ篇

ついに終着駅『プロメシューム』に到着!

メーテルレジェンド 交響詩 宿命

メーテルレジェンド 交響詩 宿命

松本零士の二大ヒロイン"メーテル"と"エメラルダス"

銀河鉄道999 君は戦士のように生きられるか!!

銀河鉄道999 君は戦士のように生きられるか!!

化石の星で石と化した恋人のリージャを守る戦士ユリウスの物語

銀河鉄道999 永遠の旅人エメラルダス

銀河鉄道999 永遠の旅人エメラルダス

いつまでも競い合いたいと願う。ライバル…それは愛すべき敵!

銀河鉄道999 君は母のように愛せるか!!

銀河鉄道999 君は母のように愛せるか!!

母の愛と哀しみを知り、鉄郎はまた少し大人になる……。

銀河鉄道999 Galaxy Live Drama

銀河鉄道999 Galaxy Live Drama

国民的大ヒット作であり国際的にも人気が高い「銀河鉄道999」を生放送形式で初の実写化!メーテル役には栗山千明、鉄郎役は前田旺志郎という豪華キャスト!

こちらの作品もチェック

銀河鉄道999

銀河鉄道999

若者はいま、未来へ旅立つ!

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

時間は夢を裏切らない

メーテルレジェンド 交響詩 宿命

メーテルレジェンド 交響詩 宿命

松本零士の二大ヒロイン"メーテル"と"エメラルダス"

銀河鉄道999 出発篇

銀河鉄道999 出発篇

母との別れ、そしてメーテルとの出会い…

銀河鉄道物語

銀河鉄道物語

松本零士画業50周年記念作品

映画「キャプテンハーロック~SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK~」予告編

映画「キャプテンハーロック~SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK~」予告編

世界を変えたければ、この艦に乗れ

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

最強のダークファンタジー、ここに

北斗の拳2

北斗の拳2

ケンシロウ出生の秘密が明らかに!!

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

ついに、FINAL―。

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 京都編

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 京都編

激動の京を舞台に志々雄との死闘を描く!!

頭文字[イニシャル]D

頭文字[イニシャル]D

彼はとんでもないポテンシャルを秘めていた―

(C)松本零士・東映アニメーション