野蛮人のように

野蛮人のように

震えるなんて、ゆるされない。
都会の夜を駆け抜けるのは危機感、それとも恋──60000秒ノンストップのラブ・アクション!

映画「Wの悲劇」でブルーリボン賞主演女優賞に輝いた薬師丸ひろ子がアイドル女優から完全脱皮、その次作として選んだハード・アクション映画。二十歳のベストセラー作家・有栖川珠子と、外人娼婦の用心棒を気取った夜の世界の漂流者・中井英二──夜の六本木で出会った、生きる世界がまったく違う男と女。偶然の重なりから、二人の逃避行が始まる。六本木から海辺のコテージ、そして捨て身の銃撃戦へ──。物語は、闇の中に炸裂する閃光、倦怠と危機感、そして男と女といった際立ったコントラストで映像のリズムを高めながら、アクティブかつ独自の抒情を生みだしていく。洗練された大人の女を装いながらも、どこか気まぐれな作家・珠子に、薬師丸ひろ子。夜の世界の漂流者・英二には、柴田恭兵。魅力のコンビが、エンターテイメント・ムービーに定評のある川島透監督の世界に真っ向から取り組んだ意欲作。

配信開始日:2017年06月16日

野蛮人のようにの動画まとめ一覧

『野蛮人のように』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

野蛮人のように

レンタルする

野蛮人のように

324ポイント

野蛮人のように
視聴期間: 2日間 324ポイント
視聴時間:01:47:49

有栖川珠子、20歳の小説家。天才の名を欲しいままにしてきた彼女だったが、最近は執筆活動に熱が入らない。そんな珠子を元気づけようと、友人たちがコテージを訪れ、花火大会を行う。その花火大会を抜け出した珠子は、一人、夜の都会へと車を飛ばした。そこで、珠子が出会ったのは、一人の男。軽い酔いに身を任せ、六本木の街を歩く珠子に突然ぶつかってきたその男は、強引に近くのバーに引き込む。その男、中井英二は外人娼婦の用心棒を気取る裏の世界の漂流者。彼は数時間前に、兄貴とも慕う滝口に頼まれて、山西組々長が殺られた現場から拳銃の入ったバッグを預かってきたばかりだった。周囲の目を欺くために、連れがいるのは好都合とも言えた。この偶然の出会いに、珠子の心は妙に揺さぶられた。そして、英二もこの見知らぬ女の持つ雰囲気に、言いようのない関心を抱き始めていた。そんな二人の前に、黒づくめの服を着た男たちが、突然立ちはだかる。

野蛮人のようにの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作・監督・脚本

川島透

製作年

1985年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

ハゲタカ

ハゲタカ

国際経済戦争が日本を襲う!

(C)東映