バカ政ホラ政トッパ政

バカ政ホラ政トッパ政

男気・殺気・血気が凄い。
花の銀座で<三政>大暴れ!

日本列島のド真ん中、東京は花の銀座で、銀座を愛し、男の意地をかけ、つっぱった粋な野郎たち―<三政>ことバカ政・ホラ政・トッパ政の痛快な物語を中心に、女の慕情、哀愁などを織り込み、ダイナミックなアクションの連続で描く娯楽大作。菅原文太のバカ政、中山仁のホラ政、ケーシー高峰のトッパ政を中心に、伴淳三郎、倍賞美津子、成田三樹夫など異色の俳優陣が出演。また、主題歌“ある女の詩”を美空ひばりが唄っているのも話題となった任侠痛快編。

配信開始日:2018年10月26日

バカ政ホラ政トッパ政の動画まとめ一覧

『バカ政ホラ政トッパ政』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

バカ政ホラ政トッパ政

レンタルする

バカ政ホラ政トッパ政

324ポイント

バカ政ホラ政トッパ政
視聴期間: 2日間 324ポイント
視聴時間:01:30:27

関東城政会の傘下にある銀座興業の幹部、通称銀座のバカ政こと橋本政人が2年の刑務所暮らしを終えて銀座に戻ってくる。バカ政の働きで、銀座興業の名は売れ、兄貴分の社長の野口の羽振りはウハウハ。そんなとき、トッパ政という男にヤクのガセネタをつかまされたことを耳にしたバカ政はアジトをつきとめ、乗り込んでいく。名古屋出身のブローカーで笠井政之助ことトッパ政との勝負は互角。そして、トッパ政自身もガセネタをつかまされていたことを知ったバカ政はトッパ政と意気投合する。仲直りに一緒に大学生のパーティーに繰り出したはいいものの、そこでガセネタをつかまされた相手を見つけたことでパーティーは大混乱に。その時現れたのが、パーティーを仕切る学ラン姿の上原政夫こと通称ホラ政は、バカ政に作法通りの決斗を申し込む。凄まじい死斗が展開され、必死に立ち向かってくるホラ政の根性に、3人はいつしか厚い友情に結ばれ、五分の盃を交わすのだった。バカとホラとトッパで銀座の<三政>が誕生した瞬間だった。銀座にビルを建てるべく3人はせっせと資金集めに奔走するも、当然のように銀座進出を企む江東義友会と衝突。散々な目に遭わされながらも、決死の殴り込みで、義友会を壊滅させてしまう。これにより、バカ政たちは太陽カンパニーという興業会社を設立。だが、これを快く思わない野口は、太陽カンパニーに嫌がらせを始め、二者の対立が明らかとなる。これに関東城政会も加わり、三つ巴の斗争のよそおいをみせる中、窮地に追い込まれたバカ政ホラ政トッパ政の三政は、最後の殴り込みを仕掛けるのであった…。

バカ政ホラ政トッパ政の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

中島貞夫

脚本

笠原和夫、鳥居元宏、中島貞夫

製作年

1976年

製作国

 日本

出演キャスト

(C)東映