忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻

当時、製作総費5億円、150名にのぼる出演者陣を駆使し、製作・大川博、脚本・比佐芳武、監督・松田定次、撮影・川崎新太郎の最強のスタッフ陣で日本映画界最大のスケールと空前絶後の話題を集めて製作された超大作。
松の廊下の刃傷、浅野内匠頭の切腹、赤穂城明渡し、吉良邸討入等々、衆知の名場面を余さず網羅して興趣を盛り上げる。
配役は片岡千恵蔵を筆頭に、市川右太衛門、大友柳太朗などの東映スター陣が総出演。

配信開始日:2019年11月29日

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻の動画まとめ一覧

『忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻

レンタルする

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻

330 pt

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:03:02:32

[櫻花の巻]元禄十四年春、朝廷からの勅使、院使の接待役を命ぜられた赤穂藩主浅野内匠頭は、指南役の吉良上野介にことごとく意地の悪い仕打ちを受ける。無理難題を家臣の機転で切り抜けた内匠頭だったが、松の廊下ですれ違いざまに上野介の吐いた「田舎大名」の言葉に堪忍袋の緒が切れ、刃傷沙汰を起こしてしまい、家は断絶、身は切腹となり、その短い生涯を閉じた。悲報を受けた国家老・大石内蔵助には、心中密かに決するところがあった...。
[菊花の巻]秋も深まった京の花街も、ここだけは春の様な華やかさ。放蕩三昧を続けた内蔵助に不信の念を抱く同志の数も少なくなかった。冬もいつしか過ぎ、かねて内蔵助より願い出ていた浅野大学による御家再興の望みも断たれた。内蔵助はいよいよ主君の敵討ちの決意を固め、長年連れ添った妻と二人の子供に別れを告げた...。

忠臣蔵 櫻花の巻/菊花の巻の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

松田定次

脚本

比佐芳武

音楽

深井史郎

撮影

川崎新太郎

製作年

1959年

製作国

 日本

出演キャスト

片岡千恵蔵

大友柳太朗

東千代之介

尾上鯉之助

北大路欣也

南郷京之助

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

創立十周年記念 赤穂浪士(1961年)

創立十周年記念 赤穂浪士(1961年)

刃傷から討入りまで、田村邸切腹・城明け渡し・山科の別離・立花左近と対決・南部坂雪の別れ等、豪華オールスターが絢爛繰り広げる記念超大作!

赤穂浪士 天の巻・地の巻(1956年)

赤穂浪士 天の巻・地の巻(1956年)

宿命・松の廊下!! 痛恨一太刀に終る無念の刃傷!!

(C)東映