一心太助 男一匹道中記

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

一心太助 男一匹道中記

喧嘩っ早く義理人情に厚い江戸っ子魚河岸の一心太助が様々な事件に巻き込まれながら、弱きを助け強きをくじく様を痛快に見せる大人気時代劇。今回は江戸から魚がなくなり、値段が急騰するという…

『一心太助 男一匹道中記』の動画一覧

本編

一心太助 男一匹道中記

  • 85分 
  • 2日間 330 pt 〜

魚河岸に鯛の入荷が減り、なんと1両にも値上がりし、お客様に顔向けできないと考えた太助は、店を閉めて、女房お仲と新婚一周年を記念して旅に出る。道中では、腹の空いたあまり出来心で強盗を企てた弱気な男・浜木綿の源太と知り合う。さて、程ヶ谷の宿に着いた太助。そこの膳に出された見事な鯛を見て、その理由を探ると、行商の娘が安く売り歩いているという。その娘を追っかける太助。だが、この娘たちを先に取り囲んだのは、ごろんぼ浜熊の子分たち。成り行き上、娘たちを助ける太助。果たして、娘たちは青浜村の漁師の娘・お静たちだった。一緒に青浜へとやってくる太助たち。そこで、江戸への鯛の出荷を抑えているのが、青浜一の豪商・若浦屋と浜熊が大儲けを狙っての仕業であることを知る。一本気の太助は若浦屋に怒鳴り込むが、若浦屋と浜熊はビクともしない。そんな中、太助はまたもや源太に出会う。青浜生まれの源太は、父親が浜熊に殺された事から復讐を誓って村を飛び出していたのだ。遂に堪りかねた太助は、代官所に怒鳴り込むものの、気違い扱いされて、追っ払われる始末。代官も若浦屋らとグルだったのだ。同じ頃、源太は銛を持って、浜熊を狙うも失敗して村へと逃げ帰る。それが村中の大騒動へと発展する。浜熊の子分たちがやって来て、源太が見つからなければ、村を火をつけるとまで脅してきたからだった。だが、その場は、太助の機転で、なんとか収まるものの、漁師たちの不満が一気に爆発。この声に押されて、太助が先頭となり、永年の恨みに火がついた漁師たちは、若浦屋を襲う。そして源太は太助の助太刀で、見事浜熊を仕留めるのだった。しかし、この一連の出来事は御法度の一揆。彦左の親友松平伊豆守も苦慮した挙げ句、家光に太助の処置を相談する羽目になる。しかし、若浦屋への代官からの手紙が発覚し、太助らは無事無罪放免となるのだった。折角の新婚記念旅行もフイになってしまったが、安い魚を喜ぶ江戸の人々が太助の唯一の慰めとなるのだった。