『タユタマ -Kiss on my Deity-』の動画一覧

まとめ買い

全話#2~#12

  • 14日間 1,270 pt 〜

    30%OFF

ましろの居場所 / ましろ、ひとりぼっち / 乙女の悩み / すれ違いの雨 / 比翼の鳥 / 連理の枝 / 誘惑に染まる瞳 / 硝子の向こう / 禁じられた安寧 / 決戦 / 裕理

#2~#6

  • 7日間 660 pt 〜

    20%OFF

ましろの居場所 / ましろ、ひとりぼっち / 乙女の悩み / すれ違いの雨 / 比翼の鳥

#7~#12

  • 7日間 792 pt 〜

    20%OFF

連理の枝 / 誘惑に染まる瞳 / 硝子の向こう / 禁じられた安寧 / 決戦 / 裕理

本編

再生
Episode #1 太転依
  • 24分 
  • 無料

学院で出土した遺跡で裕理は、太転依(たゆたい)である綺久羅美守毘売(きくらみかみのひめ)出会う。誤って解放されてしまった危険な太転依に対抗するため、裕理は白髪の少女を託されるのだった。

Episode #2 ましろの居場所

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

泉戸家の居候となったましろは、人間と太転依の共存を実現するために裕理の退魔の能力を伸ばす修練をしたり、学校へ通うことを希望したり。何もかも初体験で興奮するましろに、裕理はただ見惚れてしまうのだが……

Episode #3 ましろ、ひとりぼっち

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

女子学部(フローレス)に編入するが、人間とは違うましろは孤立してしまう。理解されないことに落ち込むましろ。事情を知った裕理は、不可侵のフローレスに対して、ましろ救出を決断する。

Episode #4 乙女の悩み

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

女子寮に下着を狙う侵入者が!? 美冬は異形の影に対抗すべくましろに相談を持ちかけるが、裕理の能力が必要というましろの発言に過剰に反応してしまう。一方、女子寮では侵入者が虎視眈々と策を巡らせていた。

Episode #5 すれ違いの雨

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

裕理といつも一緒だったアメリ。ましろが現れてからは裕理との時間が少なくなっていた。アメリの秘めたる想いに気づかない裕理。苛立つアメリ。ましろの心配をよそに、裕理とアメリの溝はさらに深まってしまう。

Episode #6 比翼の鳥

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

美冬に呼び出された裕理たちは、ゆみなの頭に居座っている太転依を目にする。看病をしたゆみなから離れなくなったのだ。平穏に過ごせば元気になってわかりあえるかも。裕理はゆみなのためフローレスに潜入する。

Episode #7 連理の枝

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

元気になったホウだが、オウの元に帰らず逃げ出してしまう。八衢神社に戻ったゆみなだったが、家事をするましろを見て、かつての自分を思い出す。その後、オウを見つけたゆみなは、勇気を振り絞り行動を起こした。

Episode #8 誘惑に染まる瞳

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

ホウオウの騒動で激しく消耗したましろ。応龍への対策に悩む裕理を、アメリは気分転換と街へと連れ出した。恋人同士のように楽しむアメリ。意を決してアメリは太転依のこと、ましろのことを裕理に問うのだった。

Episode #9 硝子の向こう

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

応龍を退けた裕理とましろは、久々の平穏な日常を過ごしていた。アメリは、自分の気持ちに区切りをつけ、ましろに仲直りの電話を入れ遊びに誘う。"人間と太転依との共存"のため、修練に励む裕理とましろだが……

Episode #10 禁じられた安寧

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

裕理の成長に対して、鵺は太転依であるましろに忠告する。将来のことを決められない裕理に、三九郎はアメリの問題を解決するように促す。だがアメリは、裕理とましろに対してそっけない態度を取ってしまう。

Episode #11 決戦

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

再びアメリを利用した応龍は街全体を停止させてしまう。ましろと鵺、鳳凰は、裕理と共に戦うが、今の応龍には歯形たない。ましろは、応龍に取り込まれたアメリを救出すべく応龍の中へと飛び込んだ。

Episode #12 裕理

  • 24分 
  • 2日間 165 pt 〜

応龍を再び退けるも、街を元に戻すためにましろは神気の大半を費やしてしまう。裕理の力で魂が弱り、回復がままならないましろ。悩む裕理が選択した道とは……人間と太転依との共存は成就するのだろうか?

この作品をみた人はこちらもみています