S.W.A.T. シーズン4

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

S.W.A.T. シーズン4

世界的なパンデミックに見舞われたホンドー率いるS.W.A.T.チーム! 全米大人気アクションドラマシリーズのシーズン4が待望のリリース! 人気TVシリーズ「クリミナル・マインド」の…

予告編再生

予告編を視聴

『S.W.A.T. シーズン4』の動画一覧

まとめ買い

本編

第1話 3世代の17歳

第1話 3世代の17歳

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

新型コロナの影響でロサンゼルスにロックダウンが迫る中、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)運動のデモ隊が通りを埋め尽くしていた。ホンドーは1992年のロス暴動のことを思い出しつつ、毎年開かれているロス暴動の記念イベントに参加する。街では血液バンクを狙った爆弾テロが発生し、大勢の死傷者が出る。連続テロを防ぐため、SWATはテログループを追う。
第2話 監視

第2話 監視

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

新型コロナの影響は一般市民や警察の任務にまで及んでいる。コロナ禍で困っている人のためにコミュニティセンターの食糧配布を手伝うホンドーは、ニシェルと再会する。タンは、自分の母がいざこざに巻き込まれケガをしたと連絡を受ける。そんな中、チェチェン出身の犯罪組織のボス、ラデックがLAに潜伏している可能性があると分かり、ホンドーのチームはCIAと共に彼を捕らえるべくその隠れ家と思われる家を監視する。
第3話 非情なる組織

第3話 非情なる組織

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

街でバスジャック事件が発生。騒ぎの発端はロッコという男と彼を追う組織とのカーチェイスだった。ロッコはマフィアの幹部だったが、FBIと取引して組織の犯罪を証言する約束をしていた。SWATはFBIと共同でロッコの捜索に当たる。クリスは戦術リーダー講習に応募する。だがタンとストリートも応募していたことを知り、猛烈なライバル心を燃やす。
第4話 逆恨み

第4話 逆恨み

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

27歳の若さで急死した人気黒人女性シンガー、ロジウム・スペンダーの追悼集会が予定され、ホンドーのチームはその警備を担当することになる。だが前日に会場付近から銃が発見され、何者かが大がかりな襲撃を計画している恐れが出てくる。一方、仮釈放になったリロイは早速ダリルを食事に連れ出して関係を深めようとし、ホンドーはリロイの悪影響を懸念してダリルとどう付き合わせていくべきか悩む。
第5話 砕け散った心

第5話 砕け散った心

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

不動産会社に宅配便で届いた小包が爆発し、死傷者が出る。SWATは小包を宅配便の営業所に持ち込んだ男を追うが、その男は雑用代行アプリで依頼されていただけだった。戦術リーダー講習の競争で有利に立つため、クリスはマスターガンナー検定を受ける。エリカのサポートを受けながら、ストリートやタンに負けまいと練習に励む。
第6話 偽りの神の声

第6話 偽りの神の声

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

クリスは非番中に街で悪徳なカルト教団のために物乞いをする少女のゾーイに出会う。クリスは、ゾーイの彼氏であるディランと共に彼女を救おうとして説得を試みるもうまくいかない。さらにディランが教団の車で連れ去られ拉致に発展してしまったため、チームも協力し調査を始める。一方で、ホンドーと、ダリルと仲を深めるリロイとの間で対立が深まる。
第7話 復讐の炎

第7話 復讐の炎

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

ロサンゼルス消防局127分署が通報のあった火災現場に駆けつける。ごみ箱が燃えているだけだと思われたその時、何者かに狙撃され、隊員の1人が胸部を撃たれてしまう。ストリートの元に母親のカレンから電話がかかってくる。母親を冷たくあしらうストリートにモリーは和解するよう説得するが、ストリートは拒絶してしまう。タンは戦術リーダー講習の競争で苦戦を強いられる。
第8話 聖戦

第8話 聖戦

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

街でマイノリティの店を狙った襲撃事件が次々と発生。その犯行映像などから一連の事件の主犯格は白人至上主義の過激派グループであると判明し、SWATはFBIと協力し調査に当たる。一方、ディーコンは娘の新しい学校の見学のために休みを取り、見学の結果、私立校に行かせるべきだという考えのアニーと衝突する。ディーコンの代わりにシフトに入ったエリカはすばらしい働きぶりを見せるが…。
第9話 残された者たち

第9話 残された者たち

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

同僚を失ったSWATに、任務の進め方に問題がなかったか執行調査課の調査が入る。クリスは人一倍ショックが大きいため、ウェンディのカウンセリングを受けるよう指示される。ホンドーは自分に落ち度がなかったか再検証するため、ディーコンと共に「帝国の公爵(インペリアル・デュークス)」のアジトへ行くが、そこで新たな事実を発見する。
第10話 執着

第10話 執着

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

ノラ・ファウラーという警官が、医療サポートをするためにチームにトライアルで加わることになる。また、クリスとストリートは戦術リーダー講習の最終面接に臨もうとしていた。ストリートはモリーとの関係にも悩んでいる。そんな時、携帯電話の修理などを請け負う店で、男が電話番号を見せて「誰の番号か教えろ」と銃を手に店員を脅し、立てこもるという事件が発生してSWATが出動する。
第11話 ポジティブ・シンキング

第11話 ポジティブ・シンキング

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

SWATを引退したマムフォードの手を借りて非番のヒックスがトレイ・ミッチェルという男を張り込む。2人は15年前マムフォードの名付け子であるトーニャが殺された事件の犯人を今も捜し続けているのだ。一方クリスは同僚を亡くした悲しみを乗り越えられず、つらい日々を過ごす。ホンドーはダリルが父親リロイと一緒に事業を始めようとしているのを知る。
第12話 家族の闇

第12話 家族の闇

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

ドイツから戻ってきたルカをチームは歓迎する。そんな中、ラミロ・バスケスという男の家で発砲事件が起きSWATが急行すると、幼い娘が父親に銃を向けていた。その後、調べを進めると、その銃は前日に起きた殺人事件で使われていたことが判明する。一方、ホンドーは自分の父親の様子がおかしいことに気をもみ、ストリートもまた母親のことで頭を悩ませていた。
第13話 罪深き父親たち

第13話 罪深き父親たち

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

SWATはFBIと協力して投資詐欺の容疑者アフトンの逮捕に向かう。だがなぜかそれを察知したアフトンは、民間警備会社のブレイディを雇い高飛びをはかるが…。依然として同僚の死を引きずるクリスは酒浸りの荒れた生活を送っていたが、そんな彼女をストリートが支える。ホンドーは、ダリルが自分の元から去ってしまうのではないかと思い悩む。
第14話 報い

第14話 報い

  • 41分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

ホンドーはダリルが地元のチンピラにみかじめ料を払うよう脅されたことを知り心配する。チームは、「帝国の公爵(インペリアル・デュークス)」のメンバーを夫に持つ女性が、夫からのDVによるケガで入院したことを知り、話を聞きに行く。そこで「帝国の公爵」が「報い」という大規模な攻撃を行う計画を立てていることを知る。ディーコンは最近親しくしているダーラムに、ある疑念を抱く。
第15話 正義の味方

第15話 正義の味方

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

3人組による銀行強盗がロスで頻発する。彼らは「労働者に分け与える」と宣言し、正義の味方のように振る舞っている。強盗団の犯行現場をとらえた特ダネ映像を撮影した人物を捜すため、ルカは弟のテリーに心当たりがないか聞く。テリーの助言で撮影者はリンジーという記者であることが分かるが、彼女は捜査協力を拒む。
第16話 立てこもり

第16話 立てこもり

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

裁判所で4人の未決囚が大勢の人質を取って立てこもる。4人は殺人を犯し、今日終身刑の判決が下る予定だった。たまたま裁判所に来ていたホンドーとディーコンも裁判所の封鎖に巻き込まれ外に出られなくなってしまう。身動きの取れないホンドーに代わってチームの指揮を任されたルカは、何とか人質を解放しようと主犯格のディアスと交渉を始める。
第17話 それぞれの選択

第17話 それぞれの選択

  • 42分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

ドライブインでトラック運転手を相手に売春をさせられている女性たちがいた。トラック運転手のガブリエルは女性を買うふりをして彼女たちを助けようとする。だが売春組織と銃撃戦になり、逮捕される。SWATは女性の1人を保護するが、被害者は彼女だけではなかった。一方ホンドーはというと、リロイとダリルが経営している修理店の先行きを心配する。
第18話 真実は勝つ

第18話 真実は勝つ

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 330 pt 〜

市警が差別的な警官に対して誤った措置を取ったとホンドーが告発し、そのことが新聞に載る。それがきっかけで街では黒人による警察に対する抗議デモが起きていた。そんな中、警察署に爆弾が仕掛けられ、ケヴィン・ヒリアードという黒人の活動家が容疑者として浮上しチームが追う。告発により、ホンドーの警察官としての未来には暗雲が立ちこめていた。

PV

『S.W.A.T.』シリーズ