斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~

「永遠の桃花~三生三世~」ヤン・ミー×「酔麗花 ~エターナル・ラブ~」ウィリアム・チャン、トップスター豪華共演! 壮大な映像美で魅せる美しく切ないファンタジーラブ史劇!! 中国人気…

『斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~』の動画一覧

本編

第41話 苦肉の策

  • 46分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

チョ仲旭(ちょちゅうきょく)は金価の暴落で不満を訴える尼華羅と注輦の特使に龍尾神を皇宮に迎えると宣言。彼らが崇める鮫人を天啓に連れてくることで雷州諸部を服従させる策だったが、海市(かいし)は海を離れた鮫人は死んでしまうと反対する。しかし、この策は鮫珠が尽きたら延命できなくなる方鑑明(ほうかんめい)を救うための唯一の方法でもあると考えたチョ仲旭は…。

第42話 狙われた命

  • 44分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

塔拉(とうら)から注文を受けた鞠柘榴(きくしゃりゅう)は奪罕(だつかん)を想いながら衣を仕立てる。それを婚儀の夜に塔拉から贈られた奪罕は初夜を過ごすことなく部屋を去る。一方、チョ仲旭(ちょちゅうきょく)が西南港に10万の軍を送ることを決めた結果、方鑑明(ほうかんめい)は黄泉関から5万の軍を都に戻し警備の再編成をすることになる。そんな中、尼華羅の特使が刺客に襲われる事件が起き…。

第43話 うごめく陰謀

  • 43分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

海市は方鑑明(ほうかんめい)を眠らせると龍尾神を迎えるため秘密裏に越州ヘ。そこで彼女と縁のある鮫人の琅ケン(ろうけん)と再会する。そんな中、身重の淑容妃(しゅくようひ)に毒が盛られていたと分かり、チョ仲旭(ちょちゅうきょく)は彼女を守ることに。また、注輦の新たな特使として淑容妃の弟・索蘭(さくらん)が天啓にやってくる一方、海市(かいし)の母親の家には彼女を迎えにきたという兵士たちが現れて…。

第44話 運命の分かれ道

  • 43分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

刺客の待ち伏せに遭った海市(かいし)は琅ケン(ろうけん)を乗せた馬車の手綱を握って逃亡するが、母親を人質にされて絶体絶命の危機に陥る。一方、チョ仲旭(ちょちゅうきょく)は宮中で宴を開催、集まった雷州諸部の特使たちは龍尾神のお披露目を待ち受ける。そんな中、琅ケンを連れ帰る海市に刺客を放った張本人であるチョ季昶(ちょきちょう)が、兵を率いる符義(ふぎ)とともに謀反を起こし…。

第45話 偽りの人生

  • 44分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

謀反が鎮圧された後、鵠庫も奪罕(だつかん)が奪洛(だつらく)を追放したことで統一され、天下泰平の時が訪れる。そして、解毒が順調に進む方鑑明(ほうかんめい)は海市(かいし)と愛を確かめ合い、二人で生きる未来を選ぶことを決意する。そんな中、索蘭(さくらん)がチョ仲旭(ちょちゅうきょく)に獄中のチョ季昶(ちょきちょう)は偽者だと明かして謝罪。その真偽を確かめるため、海市が琅ケン(ろうけん)にチョ季昶の記憶を見てもらうと…。

第46話 新たなる旅立ち

  • 46分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

方鑑明(ほうかんめい)の体から完全に毒を抜くにはチョ仲旭(ちょちゅうきょく)との間の“柏奚”を解く儀式を行い、琅ケン(ろうけん)の血を飲む必要があった。これには命の危険があったが、方鑑明は一分の可能性に賭ける。その後、清海(せいかい)公の訃報が公になり手厚い葬儀が行われ、斛珠(コクジュ)夫人は龍尾神を故郷に送り届け祈祷生活に入ることになる。また、淑容妃(しゅくようひ)は索蘭(さくらん)と再会を果たし…。

第47話 卑劣な裏切り

  • 46分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

チョ仲旭(ちょちゅうきょく)が淑容妃(しゅくようひ)との子を世継ぎにすると決めた頃、越州では海市(かいし)と方鑑明(ほうかんめい)が隠遁生活を送り始め、二人だけの幸せな時間を過ごしていた。しかし、野心を隠していた索蘭(さくらん)は言葉巧みに淑容妃と湯乾自(とうかんじ)を騙すと、チョ仲旭を殺して大徴を乗っ取ろうとする。その結果、湯乾自が反乱軍を率いて天啓を攻め、それを知った海市と方鑑明は…。

第48話 終わらない伝説

  • 48分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

反乱軍に包囲されたチョ仲旭(ちょちゅうきょく)は再び妻を失うわけにはいかないと奮い立ち、自ら索蘭(さくらん)に拉致された淑容妃(しゅくようひ)の救出に向かう。そして、方鑑明(ほうかんめい)に助けられて淑容妃と一緒に逃げるが、途中で彼女が産気づいてしまう。一方、海市(かいし)は越州の援軍を率いて天啓へ。城外で反乱軍と交戦して湯乾自(とうかんじ)を討ち取った後、急いで宮中へと駆けつけるが…。