エピデミック 感染爆発

こちらの作品は見放題対象です
登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

エピデミック 感染爆発

平穏な孤島が、瞬く間にウイルスの巣窟となる! 新型コロナ流行前に撮影され、本国で衝撃を与えた話題作が遂に上陸!

『エピデミック 感染爆発』の動画一覧

まとめ買い

全話第2話~第8話

  • 字幕 
  • 30日間 1,078 pt 〜

    30%OFF

宿主 / 共犯者 / 確率 / 反抗 / 殺到 / 抵抗 / 避難

本編

再生
第1話 到着
  • 51分 字幕 見放題 
  • 無料

日々ニュースから流れるRNAウイルスの変異株、ハトインフルエンザによる感染の蔓延。遠いアジアでの出来事だと、ドイツの北海に浮かぶ島スルボーンは、そんな状況とは無縁の平穏な場所だった。島に住む15歳の少女エベリンは、仲のいい父リシャールにも言えず妊娠の不安にかられていた。そんなある日、人気作家のニコライが、書店での朗読会に参加するため、3日間、島に滞在することに。しかし彼は、薬物中毒者で問題を抱えていた。また、元島民のマグヌスが犯罪少年の更生施設を作るため帰島。平和だった島に何かが起こりそうな不穏な空気が漂っていた。

第2話 宿主

  • 51分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

ある夜、座礁したヨットを見つけた少年フィーテたち。興味本位で船内に入り、金銭やスマホなどを奪った際、夫婦の遺体を発見し、慌てて逃走する。その様子をいじめられっ子のヘルムが盗撮。匿名で動画をネットに上げ、瞬く間に拡散される。一方、観光局長で多忙なことから、幼い3人の息子の世話はエベリン任せで、夫リシャールとの仲もギクシャクしている母ヘレンは、島民を集めてホテル開発の説明会を行っていたが、なかなか賛同を得られずにいた。そして、ハトインフルエンザの猛威がアジアからアメリカにも拡大する中、マグヌスが更生させようとしている10人の犯罪少年らが島にやって来る。

第3話 共犯者

  • 51分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

ヨットから盗んだスマホをフィーテから預かったヘルム。保存されていた動画から、遺体の夫婦がハトインフルエンザに感染し、悲惨な最期を遂げたことを知る。しかし警官の父ミケルが、夫婦の死因について見当はずれの捜査をしていることに焦りを覚え、エベリンの父で獣医のリシャールに匿名電話でその真相を伝える。一方のリシャールは、知り合いの研究所からの誘いを受け、ベルリン行きを決断。妻ヘレナと離婚を決意し、子どもたちとも別れ一人、島を出ることにしていたのだが、匿名電話を受けたことで、医師ランゲのもとへ向かう。

第4話 確率

  • 51分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

フィーテの仲間ルイスとオーレが重体となり、感染が疑われた2人は特別医療施設に搬送された。そんな中、州保健局のバッハマン博士の後押しにより、島がパニックに陥らぬよう市長が声明を出すことに。ルイスの家の書店は消毒作業のため48時間、閉鎖となり島全体が慌ただしくなっていく。一方、学校でも他の生徒に感染者かいないかあぶり出しが始まり、エベリンも学校へと向かう。すると友人のイボンヌから、「オーレがエベリンのボトルに口をつけてた」と言われ、質問用紙の“該当者との唾液交換”の欄にチェックを入れる。

第5話 反抗

  • 52分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

ハトインフルエンザの感染が判明したオーレが死亡。島民たちは当然のごとく葬儀をと考えていたが、バッハマン博士から密集の禁止を促された市長は困惑する。一方、ヨットに侵入したと警察に出頭したフィーテは、隔離対象となり特別医療施設へ移送され、エベリンは微量のウイルスが検出されたものの、免疫機能のおかげで発症には至っていなかった。そんな中、マスク着用を義務として、オーレの葬儀が執り行われることに。その時、市長と牧師の「世界中で感染が拡大し、危機的状況だ」との会話を、エベリンと恋人でスクールカウンセラーのミランが偶然にも立ち聞きしてしまう。

第6話 殺到

  • 51分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

犯罪少年らがハトインフルエンザを持ち込んだと信じて疑わない島民のエリックが、仲間を率いてマグヌスの農場を襲撃し、納屋に火をつけてしまう。一方、島内での感染が爆発的に広がり、死者も増加の一途を辿る中、全島民の強制的な血液検査に加え外出禁止令が出され、封鎖されたスルボーンは孤立状態となる。その頃、C型変異株の感染が疑われ、警察に行方を追われるエベリンは、ミランの家に身を潜めていた。医療施設には行かないと言い張るエベリンの気持ちに寄り添ったミランだったが、自身にも咳の症状が現れ、急速に体調が悪化していく。

第7話 抵抗

  • 52分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

ミランの死をきっかけに保護されたエベリン。嫌がる本人をよそに、自身が持つ特別な免疫の調査のため、本土キールの医療施設へ搬送される。しかしその隔離施設には、ワクチン開発の研究材料にされ、命が尽きた同年代の患者らの死体が並べられていた。慌てて逃げ出したエベリンは、感染者で溢れ返り、機能不全に陥った一般病棟の凄惨な現場を目の当たりにし、とっさにスマホのカメラで録画、ネットに拡散させるつもりでいた。その頃、ドイツ連邦軍が占拠し、完全なるロックダウン状態のスルボーン。怒りを隠せないエリックは、島にあるすべての銃を回収し、政府に対して反旗を翻そうと画策していた。

第8話 避難

  • 64分 字幕 見放題 
  • 2日間 220 pt 〜

スルボーンは完全に死の島と化し、絶望を感じ自ら命を絶つ者も続出。政府が発令した48時間以内の島からの避難においても、“本土国民への感染を防ぐための極秘的な措置で、感染の有無に関わらず、全島民の強制移送が目的”など、もはや何が真実で何がフェイクなのか見極めきれないほど、様々な情報が飛び交っていた。たった一人で島に戻って来たエベリンは、自宅で家族と再会。険悪な仲の母ヘレンは、避難バスに誘導する迎えの軍人たちに従うつもりだったが、エベリンの必死の説得を受け入れ、軍人の目を盗み全員で裏口から逃げようとするのだが…。

PV