べしゃり暮らし

べしゃり暮らし

天下獲ろうぜ、俺らの“漫才”で!

配信開始日:2019年08月01日

べしゃり暮らしの動画まとめ一覧

『べしゃり暮らし』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第1話~第8話

レンタルする

第1話~第8話

2,200 pt

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
2,640ポイント 2,200ポイント
視聴期間: 14日間

第1話

レンタルする

第1話

330 pt

第1話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:24

主人公・上妻圭右(間宮祥太朗)は、幼い頃から人を笑わせることが大好きで、笑いのためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”だ。
いつもの調子で、親友の子安蒼太(矢本悠馬)たちと昼の校内放送で軽快なトークを届けていた圭右の前に、関西出身の転校生・辻本潤(渡辺大知)が現れる。圭右は、辻本の関西弁を聞くやいなや、彼を放送にひき込む。すると、突然のアドリブにも関わらず辻本が絶妙なかけ合いを披露し、全校中が大爆笑となる。
辻本が漫才大会で優勝経験もある元高校生芸人だと知った圭右は、ライバル心を抱き“打倒辻本”を掲げる。一方辻本は、笑いを取るために全精力を傾ける圭右に興味を抱く。

第2話

レンタルする

第2話

330 pt

第2話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:24

前回、文化祭でアドリブ漫才を大成功させた圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)のコンビ・きそばAT。当然、活動を続けるものだと思っていた辻本だが、圭右は本心とは裏腹に、お笑い嫌いの父・潔(寺島進)に気兼ねして消極的な姿勢を見せる。
そんな相方をやる気にさせたい辻本は、先輩芸人の金本(駿河太郎)と藤川(尾上寛之)からなる人気漫才コンビ・デジタルきんぎょと引き合わせるべく、ライブ会場へ連れ出すことにした。
当日、圭右は、無謀にも自分の書いたネタを持参して金本に渡すのだが…。

第3話

レンタルする

第3話

330 pt

第3話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:25

圭右(間宮祥太朗)は、辻本(渡辺大知)との漫才が“楽しい”と実感し、本気で芸人を目指す決意をした。2人のコンビ・きそばATは、漫才の日本一を決めるコンテスト『NMC(ニッポン漫才クラシック)』にエントリーをすることに!
NMCの予選当日、恐いもの知らずの圭右は余裕の表情で、調子に乗って緊張しまくる他の出場者を笑いとばす。そんな相方の態度に不安を覚え、辻本はたしなめるのだが、全く聞く耳を持たない。
本番がはじまり、舞台に上がる2人。会場の空気は、文化祭の時とは全く違い、緊張感に満ちていた。客はくすりとも笑わず、さすがの圭右も焦りを感じる。そればかりか、とんでもない行動に出てしまい…!?

第4話

レンタルする

第4話

330 pt

第4話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:25

解散した漫才コンビ・ねずみ花火の根津(田中幸太朗)と、姉・しのぶ(徳永えり)が交際しているのを知った圭右(間宮祥太朗)。
十年前、ねずみ花火からネタでいじられたのをきっかけに、きそば上妻は客が激減。圭右の母・美津子(篠原ゆき子)は、家計を支えるために外へ働きに出て、無理がたたり亡くなった。
そんな因縁の相手・根津としのぶが付き合っていると父・潔(寺島進)が知れば、ただでは済まない。そのうえ芸人時代の根津には女性絡みの悪い噂もたくさんあった。姉の幸せを願う圭右は気が気ではなく、辻本(渡辺大知)らと一緒に、しのぶと根津を見張ることにする。

第5話

レンタルする

第5話

330 pt

第5話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:25

圭右(間宮祥太朗)のお笑いに対するまっすぐな姿勢に、自分たちの原点を取り戻したデジタルきんぎょの金本(駿河太郎)と藤川(尾上寛之)。険悪だったコンビ仲も回復しはじめ、漫才日本一を決めるコンテスト・NMC(ニッポン漫才クラシック)では見事に準決勝への進出を決める。
圭右の“天然な面白さ”を金本が認める一方、“エセ関西弁のせいで面白さが半減”していると批判する藤川は、自身の経験から、コンビの間に遠慮は禁物だと辻本(渡辺大知)に忠告する。しかし圭右の過去を知る辻本は、関西弁のダメ出しが相方の人生を否定するように思え、言い出せずに悩む。
そんなこととは露知らず、NMC準決勝をどうしても見ようと会場に足を運んだ圭右は、藤川の妻・尚美(黒坂真美)とその息子に出会った。

第6話

レンタルする

第6話

330 pt

第6話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:25

念願だった、NMC(ニッポン漫才クラシック)の決勝進出の切符を手にしたデジタルきんぎょ。藤川(尾上寛之)から関西弁を止めるように指摘された圭右(間宮祥太朗)は、藤川と同じ考えを持つ辻本(渡辺大知)と激しく衝突する! そんな2人に、突然、藤川の訃報が入る…。
深い悲しみに沈む妻・尚美(黒坂真美)や、圭右、辻本たち。しかし相方の金本(駿河太郎)だけは、藤川の遺体との対面もそこそこに、レギュラーを務めるラジオの仕事へ向かう。その態度に憤りを覚えた圭右は、藤川の思いを金本にぶつける。生前、藤川は金本の実力を認め、相方でいられることを密かに誇りに思っていたのだと。

第7話

レンタルする

第7話

330 pt

第7話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:40:24

高校を卒業した圭右(間宮祥太朗)は、YCA(ヨシムラコミックアカデミー)への進学を機に、独り暮らしを始める。引っ越し当日、父・潔(寺島進)は、古い炊飯器を姉・しのぶ(徳永えり)に託すだけで顔も見せない。だが炊飯器には意外な形で父の思いがつまっていた…。
圭右は、子安(矢本悠馬)の才能を見出し、ネタ作りを頼む。辻本(渡辺大知)とのコンビ名も“べしゃり暮らし”として新たにスタート! 静代(小芝風花)や梵(浅香航大)らライバルも狙う若手芸人の登竜門『漫才新人グランプリ』での優勝を目指す圭右は、子安にも“芸人になれ”と勧める。悩む子安だが、奈々(堀田真由)や父の後押しを受け、べしゃり暮らしはトリオとして活動を開始する!

第8話

レンタルする

第8話

330 pt

第8話
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:39:54

お笑い養成所YCA入学後、子安(矢本悠馬)を交えトリオで活動してきた圭右(間宮祥太朗)は、本来の持ち味である“しゃべり”を発揮できず、友情と芸との間で葛藤。研究生ライブを最後に“相方にはなれない”と子安に別れを告げた。再び辻本(渡辺大知)とのコンビに戻ったべしゃり暮らしは、芸人選抜クラスで芸を磨き、『漫才新人グランプリ』での優勝を目指す!
YCAの講師から、“セリフ覚えの悪さをアドリブでごまかしている”と指摘された圭右だったが、態度を改めないまま漫才新人グランプリの1次予選に臨む。その舞台で辻本は、昔からファンだったという女性が客席で体調不良に陥るのを見て、激しく動揺。かろうじてネタはやりきるものの、圭右も自分の過信に気づかされることに…。

べしゃり暮らしの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

青春マンガの巨匠・森田まさのり珠玉の最新作“漫才漫画” 『べしゃり暮らし』を初映像化!

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤と、運命の出会いを果たすところからはじまる『べしゃり暮らし』――やがて圭右は、辻本と“きそばオートマティック”という漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していきます。

スタッフ・作品情報

原作

森田まさのり 『べしゃり暮らし』(集英社)

脚本

徳永富彦

演出

劇団ひとり

音楽

高見 優、信澤宣明

ゼネラルプロデューサー

三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー

浜田壮瑛(テレビ朝日)、土田真通(東映)、 高木敬太(東映)

制作著作

テレビ朝日、東映

製作年

2019年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

獣になれない私たち

獣になれない私たち

本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたらラクなのに…

東京タラレバ娘

東京タラレバ娘

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった 」

火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

火曜ドラマ「義母と娘のブルース」

綾瀬はるかが初の義母役に挑む!

銀魂2 掟は破るためにこそある

銀魂2 掟は破るためにこそある

今度の「銀魂」は、笑いもアクションも全てが2倍!

コンフィデンスマンJP ロマンス編

コンフィデンスマンJP ロマンス編

嘘はいつだって真実より魅力的史上最大の騙し合い<コンゲーム>が始まる!!

おっさんずラブ

おっさんずラブ

ある日、僕は部長に告白された。

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

未体験リアルタイム型・密室ゲームがスタート!

西郷どん

西郷どん

極貧の下級武士にすぎなかった男・西郷隆盛(西郷どん)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。

映画「銀魂」

映画「銀魂」

まさかの実写化ァァァ! 

いだてん~東京オリムピック噺~

いだてん~東京オリムピック噺~

“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三と“日本にオリンピックを招致した男”田畑政治。1964年東京オリンピック実現までの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を描く!

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

世界が熱狂した伝説のバンド<クイーン>。その光と影を数々の名曲とともに描く感動のミュージック・エンターテイメント。

いぬやしき

いぬやしき

こんなヒーロー、見たことない。

(C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社/テレビ朝日・東映