ドラマSP 検事・佐方~裁きを望む~

ドラマSP 検事・佐方~裁きを望む~

被告人は――無罪!? 佐方の信義が“問題判決”に…!?

配信開始日:2020年01月16日

ドラマSP 検事・佐方~裁きを望む~の動画まとめ一覧

『ドラマSP 検事・佐方~裁きを望む~』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

2019年12月26日放送

レンタルする

2019年12月26日放送

330ポイント

2019年12月26日放送
視聴期間: 7日間 330ポイント
視聴時間:01:41:41

2019年5月、米崎地裁、第1回公判――。米崎地検の公判担当検事・佐方貞人(上川隆也)は、ある空き巣事件についての冒頭陳述を行っていた。
その事件とは――大手不動産会社『GOKO ESTATE』前社長・郷古勝一郎(津嘉山正種)の通夜の晩、郷古家に男が侵入し高級腕時計を盗んだというものだった。物音に気づいた長男・勝哉(池内万作)らに現行犯で取り押さえられたのは、亡き勝一郎が30年前、元秘書・芳賀明美(石野真子)との間にもうけた“婚外子”、芳賀渉(渡辺大)だった。防犯カメラ映像には、裏の壁を乗り越えて侵入する渉の姿が映っており、時計が入っていた書斎の引き出しにも渉の指紋が付着。当の渉も郷古家に侵入したことを認めており、状況証拠や証言、すべてが有罪を示していた。なにより、この事件の起訴を手がけたのは東京地検特捜部への栄転が内定している米崎地検刑事部のエース・庄司真生(松下由樹)で、落ち度などあるはずはないと思われていた。

ドラマSP 検事・佐方~裁きを望む~の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

佐方が挑むのは、資産家宅で起きた空き巣事件。大手不動産会社の前社長が病死し、その通夜の晩、豪邸に男が侵入。書斎から高級腕時計を盗みだしたのは、なんと亡き前社長の“婚外子”だった。認知を拒絶された恨みによる犯行だと思われたが、公判に入ると突如、彼は「あの腕時計は譲り受けたものだ」と無実を主張。
状況証拠や証言、すべてが有罪を示す中、男の真意はどこにあるのか…!? 彼は、本当に無実なのか…!? 佐方は真実を求めて、補充捜査を開始する。

スタッフ・作品情報

原作

柚月裕子 『裁きを望む』(KADOKAWA刊『検事の信義』所収)

脚本

酒井雅秋

監督

兼崎涼介(※「崎」は山へんに立つに可)

プロデューサー

佐藤凉一(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、大西文二(東映)

制作

テレビ朝日、東映

製作年

2019年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

ドラマスペシャル 検事の死命

ドラマスペシャル 検事の死命

信念の検事・佐方の闘いを描く、傑作法廷サスペンス!

ドラマスペシャル 検事の本懐

ドラマスペシャル 検事の本懐

硬骨の検事・佐方貞人待望のシリーズ第3弾!!

(C)テレビ朝日・東映