江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~

江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~

花魁が令和で出会う魅力的なキャラクター達と繰り広げていくハートフルなラブコメディ

配信開始日:2021年01月09日

江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~の動画まとめ一覧

『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

第1話

レンタルする

第1話

220 pt

第1話
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:43:09

江戸時代の伝説的花魁・仙夏(岡田結実)が突然現代にタイムスリップしてくる!?そんな彼女がやってくる瞬間を、フリーターの青年・蔵地(葉山奨之)が目撃。そして、ひょんなことから仙夏は蔵地の家に居候することになる。しばらくこの時代で生きるしかないと覚悟を決める仙夏は、蔵地が働くカフェでアルバイトを始める。

第2話

レンタルする

第2話

220 pt

第2話
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:42:58

仙夏(岡田結実)は、鳥居(前田公輝)が江戸での思い人だった直次郎に違いないと興奮を隠せない。泉美(吉谷彩子)から、鳥居が新しい秘書を募集していることを聞いた仙夏は、秘書の採用試験を受けることに。そんな中、仙夏と蔵地(葉山奨之)は、鳥居が綾子という女性と二人きりで会っているところを目撃する。

第3話

レンタルする

第3話

220 pt

第3話
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:43:09

仙夏(岡田結実)は、鳥居(前田公輝)とお試しで2週間だけ付き合うことになった。彼女は、鳥居から連絡用に渡されたスマホの使い方を覚えて動画投稿をするように。そんな中、お姫様のようなドレスを着た姫子という女性が仙夏を訪ねてくる。動画クリエイターを名乗る彼女は、仙夏にコラボを持ち掛ける。

江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

あらすじ

ヒロインは野暮なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす気風のいい愛すべき江戸の花魁・仙夏(せんか)。

そんなヒロインが江戸時代から現代に突然タイムスリップ!
「江戸で輝いた粋な花魁」と「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係が展開されていく!

さらに、令和を生きる登場人物たちが抱える現代の悩みやぶつかるトラブルを前に、
毎回仙夏が「粋じゃないねぇ」のキメ台詞とともに、そっと背中を押して、気持ちを晴れやかにさせていく。

花魁が令和で出会う魅力的なキャラクター達と繰り広げていくハートフルなラブコメディ

スタッフ・作品情報

原作

江戸キリエ「江戸モアゼル」(幻冬舎コミックス)

脚本

政池 洋佑、大林 利江子

監督

汐口 武史(読売テレビ)、菊川 誠(共同テレビジョン)、朝比奈 陽子(共同テレビジョン)

チーフプロデューサー

岡本 浩一(読売テレビ)

プロデューサー

汐口 武史(読売テレビ)、斎木 綾乃(吉本興業)、森安 彩(共同テレビジョン)、関本 純一(共同テレビジョン)

制作プロダクション

共同テレビジョン

制作協力

吉本興業

制作著作

読売テレビ

製作年

2020年

製作国

 日本

出演キャスト

(C)江戸キリエ/幻冬舎コミックス/ytv