イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る

甘く切ない、青春ラブストーリーが一転…!「映像化不可能」と言われた大ヒット小説「イニシエーション・ラブ」がついに実写映画化!物語は1980年代後半の静岡と東京を舞台に、Side-AとSide-Bの2編で綴られるラブストーリー。当時のヒット曲メドレーを始め、バブル最盛期の風俗をふんだんに盛り込みながら、若い男女の出会いと別れが甘く切なく描かれる。しかし、物語の最後では、今まで見ていた切ないラブストーリーが、まったく別の意味を持つミステリーへと変貌する。二人の女性の間で揺れ動き、今回のトリックのカギを握る主人公・鈴木には実力派俳優、松田翔太。"究極のかわいらしさ"を体現するヒロイン・マユには前田敦子、さらに、洗練された東京の女・美弥子を木村文乃が演じる。監督は『20世紀少年』3部作を始め、『トリック』や『SPEC』シリーズを生んだ堤幸彦。映画最後の5分、これまでのラブストーリーの常識を覆す、日本映画史上に残るラストシーンをお楽しみに。

配信開始日:2015年12月02日

イニシエーション・ラブの動画まとめ一覧

『イニシエーション・ラブ』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

イニシエーション・ラブ

レンタルする

イニシエーション・ラブ

330 pt

イニシエーション・ラブ
視聴期間: 2日間 330 pt
視聴時間:01:49:20

【Side-A】1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行のヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。

【Side-B】二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。

イニシエーション・ラブの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

堤幸彦

ゼネラル・プロデューサー

奥田誠治

エグゼクティブ・プロデューサー

門屋大輔

プロデューサー

飯沼伸之、畠山直人、小林美穂

製作会社

日本テレビ放送網、東宝、文藝春秋、読売テレビ放送、バップ、オフィスクレッシェンド、KDDI、STV、MMT、SDT、CTV、HTV、FBS

原作

乾 くるみ著『イニシエーション・ラブ』(原書房/文春文庫刊)

脚本

井上テテ

音楽

ガブリエル・ロベルト

製作年

2015年

製作国

 日本

出演キャスト

(C)2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会