母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

それくらい、愛してる。母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。

宮川サトシの大人気エッセイ漫画を『さよなら渓谷』『日日是好日』などで高い評価を得ている大森立嗣監督が映画化。主演には『愛しのアイリーン』「下町ロケット」などの話題作で、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田顕。母・明子には、黒澤明、今村昌平など数多くの名監督とタッグを組んできた倍賞美津子。サトシを支える恋人・真里にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」「まんぷく」の松下奈緒、父と兄には石橋蓮司、村上淳と日本映画界を代表する実力派キャストが集結!音楽は「あまちゃん」の大友良英が担当、主題歌「君の歌はワルツ」はBIGINが本作のために書き下ろし、作品を温かく包み込みます。

配信開始日:2019年09月18日

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の動画まとめ一覧

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

レンタルする

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

440 pt

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
視聴期間: 2日間 440 pt
視聴時間:01:47:48

頼りないが優しい息子・サトシと明るくてパワフルな母・明子。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。そして…母と別れて1年、やっと家族それぞれが新たな人生のスタートをきった頃、サトシの元に突然、母からプレゼントが届く。それは想像をはるかに超えた特別な贈り物だった――。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本

大森立嗣

原作

宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)

音楽

大友良英

製作年

2019年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

長いお別れ

長いお別れ

だいじょうぶ。忘れることは、悲しいだけじゃない。

あいあい傘

あいあい傘

25年ぶりに巡り会った、父と娘のたった5日間の物語。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

あなたと過ごした日々は宝物でした――体は不自由、心は自由!車いす人生を駆け抜けた男の笑いと涙の感動実話

洗骨

洗骨

家族をひとつにしてくれたのは、骨になった母でした―。

人魚の眠る家

人魚の眠る家

娘を殺したのは、私でしょうか。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

累計アクセス数1000万を超える大人気ブログ 書籍、ドラマ化もされた感動の実話が、待望の映画化!!

七つの会議

七つの会議

正義を、語れ。

キングダム

キングダム

すべてを賭ける 夢はあるか

寝ても覚めても

寝ても覚めても

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

億男

億男

お金とは何か?幸せはどこか?

フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

愛か死か。その選択にあなたは涙する――

(C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会