劇場版 ルパンの娘

劇場版 ルパンの娘

   

   
家族の絆は盗めない。
2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系で始まったテレビドラマ「ルパンの娘」。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋に始まった物語は、真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そして突如として始まるミュージカルなど、独自の世界観が話題を呼び、初回放送時の同局の見逃し配信視聴者数の最高記録(当時)を更新。最終回では世帯視聴率9.8%まで上昇し、「#ルパンの娘」が世界トレンド入りするなど、美しく泣ける“現代版ロミオとジュリエット”として人気を博した。

そんな人気の後押しもあり、翌2020年にはドラマ2作目が放送。泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である“令和のホームズ”こと北条家の娘:北条美雲(橋本環奈)が登場し、前作にも増した振り切った演出や大胆なパロディに、放送中は常にSNSでの突っ込みが飛び交い、中毒者が続出。物語は多くの謎を残してクライマックスを迎えた。

そんな常に話題に事欠かない「ルパンの娘」が、満を持してこの秋ついに映画化!!
主演・深田恭子をはじめ、おなじみの個性豊かなレギュラーキャストが続投し、監督・脚本にはそれぞれドラマに引き続き監督と脚本には、それぞれドラマに引き続き『テルマエ・ロマエ 』 シリーズ(12/14)を手掛けた武内英樹監督と、テレビドラマ「僕たちがやりました」(17 「グッド・ドクター」「海月姫」 (18) を手掛けた脚本家・徳永友一が担当。ともに映画 『 翔んで埼玉 』(19))で第 43 回日本アカデミー賞 最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞した注目のタッグが揃った。

華と和馬の運命の恋から始まり、数々の困難を乗り越えてきた“Lの一族”がついに引退?
“最後のお仕事”は舞台を海外へと移し、王家の秘宝と一族の秘密に迫る壮大な物語へ――。
もっと見る

配信開始日:2022年02月23日

劇場版 ルパンの娘の動画まとめ一覧

『劇場版 ルパンの娘』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

無料動画

予告編

レンタルする

予告編

無料

予告編
視聴時間:01:30

各話

劇場版 ルパンの娘

レンタルする

劇場版 ルパンの娘

440 pt

劇場版 ルパンの娘
視聴期間: 2日間 440 pt
視聴時間:01:49:45

代々泥棒一家“Lの一族”の娘として生まれた三雲華は、家業を継ぐことを拒み、普通の人生を求め、図書館司書として働いていた。運命的な出会いから代々警察一家の息子・桜庭和馬と許されざる恋に落ちた華は、いくつもの障害を乗り越えて、和馬と結ばれる。全国に指名手配されていたLの一族を表向きには死んだことにしているため、2人の結婚は事実婚。和馬は職場では独身としてふるまい、華の存在はないことにされていた。それでも2人は、最愛の娘・杏を授かり、幸せな毎日を送っていた。

そんなある日、華の父・尊が泥棒引退を宣言。これまで迷惑をかけたお詫びにと、華と和馬にちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントする。親子水入らずでディーベンブルク王国観光を満喫していると、そこにはLの一族が!?実は尊はこの国で、Lの一族最後の大仕事を計画していたのだった。まさかの展開にあきれる華。しかしその夜、杏が謎の集団にさらわれ、引き換えにこの国に眠る伝説の王冠を要求される。二度と着ないつもりだった泥棒スーツに再び身を包んだ華は、尊、母・悦子、祖母・マツら一族と共に、王冠が眠る難航不落の城に忍び込むが、そこに謎の敵“JOKER”が立ちはだかる。すべてはLの一族絶滅のための罠だったのだ…!

和馬も人質に捕られ、事態はどんどん予測不可能な展開に。華は盗まれた愛する家族を救えるのか?そして、ついにその姿を現したもう一人のLの一族・三雲玲。一族を離れ普通の生活を送っていたが、ある出来事で死んだとされていた玲が再び華たちの前に現れた目的とは!?Lの一族、三雲玲、そして三雲華。すべての真相には、決して盗み出せない家族の絆があった――。

その結末に、あなたも心を奪われる――。

劇場版 ルパンの娘の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

武内英樹

プロデューサー

梶本圭、甘木モリオ

原作

横関大

脚本

徳永友一

プロデュース

稲葉直人

製作年

2021年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

こちらの作品もチェック

オオカミ少女と黒王子

オオカミ少女と黒王子

ウソから始まる、人生最初のホンキの恋。

(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会