『純潔のマリア』の動画一覧

まとめ買い

全話第2話~第12話

  • 14日間 1,694 pt 〜

    30%OFF

CONTRA MUNDUM ―第2話 世界に対す― / FIDE, NON ARMIS ―第3話 武器でなく信仰で― / MEMENTO MORI ―第四話 死を思え― / SAPERE AUDE ―第五話 勇気を、分別を― / SUB ROSA ―第六話 薔薇の下で― / BELLUM SE IPSUM ALET ―第七話 戦争は戦争を食う― / LUPUS EST HOMO HOMINI ―第八話 人は人にとって狼― / CUM GRANO SALIS ―第九話 一つまみの塩を― / ODI ET AMO ―第十話 我憎み、我愛す― / SI VIS AMARI, AMA ―第十一話 愛を望むなら愛せ― / APOCALIPSIS OMNIA VINCIT AMOR ―最終話 愛は全てに勝つ―

第2話~第6話

  • 7日間 880 pt 〜

    20%OFF

CONTRA MUNDUM ―第2話 世界に対す― / FIDE, NON ARMIS ―第3話 武器でなく信仰で― / MEMENTO MORI ―第四話 死を思え― / SAPERE AUDE ―第五話 勇気を、分別を― / SUB ROSA ―第六話 薔薇の下で―

第7話~第12話

  • 7日間 1,056 pt 〜

    20%OFF

BELLUM SE IPSUM ALET ―第七話 戦争は戦争を食う― / LUPUS EST HOMO HOMINI ―第八話 人は人にとって狼― / CUM GRANO SALIS ―第九話 一つまみの塩を― / ODI ET AMO ―第十話 我憎み、我愛す― / SI VIS AMARI, AMA ―第十一話 愛を望むなら愛せ― / APOCALIPSIS OMNIA VINCIT AMOR ―最終話 愛は全てに勝つ―

本編

再生
LIBER I VIRGO INTACTA ―第1話 完全なる乙女―
  • 24分 
  • 無料

後に百年戦争と呼ばれる、イングランドとフランスの戦争がダラダラと続いていた時代――。フランスのとある村はずれの森にマリアと呼ばれる魔女が住んでいた。マリアは戦いが大嫌い。近くで戦があると、使い魔の夢魔アルテミスを戦場に使わしたりして、戦の行方をうやむやにしてしまう日々を送っていたが……。

LIBER II CONTRA MUNDUM ―第2話 世界に対す―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

マリアがドラゴンで介入した結果、村の北のほうで起こるはずだった戦は勝敗の曖昧なまま終わった。父が戻ってきたアンと、無事戦場から帰還したジョセフは再びマリアのもとを尋ねていく。一方、自分の仕事から戻ったアルテミスも、マリアにある要望を強硬に主張して、静かだったマリアの家は大騒ぎに。

LIBER III FIDE, NON ARMIS ―第3話 武器でなく信仰で―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

戦いを嫌うマリアだが、その手法と考えは大きく否定されてしまう。「お前はただ、自分の目に嫌なモノが映るのを我慢できないだけだ。この世界の理を乱す」。やがてマリアに下った裁定は……?

LIBER IV MEMENTO MORI ―第四話 死を思え―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

近隣の村を襲った傭兵団を退けたマリアの下に、イングランド出身の魔女・ビブが現れる。マリアが自分の縄張りの外の戦までちょっかいを出すので迷惑だ、とクレームをつけるビブに、「世の中を平和にしたい」という反論するマリアだが……。

LIBER V SAPERE AUDE ―第五話 勇気を、分別を―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

平和になった時に何をするか。マリアにそう問われて、ジョセフは極めて平凡な夢を語る。「妻をめとり、子を作り、アンの家のような家庭が持てれば幸せです」。そんな願いと裏腹に、彼らに再び新たな戦が近づいていた。

LIBER VI SUB ROSA ―第六話 薔薇の下で―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

マリアの動きによって進軍を封じられてしまったイングランド軍は、一か所に集結しつつあった。これこそイングランド軍を一掃する好機と、フランス側の人々が準備を進める中、ある人物の策謀も着々と進行していく。

LIBER VII BELLUM SE IPSUM ALET ―第七話 戦争は戦争を食う―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

今度ばかりは戦いを止めないでほしいと、自分を慕うフランス人の青年ジョセフに懇願されてしまったマリア。悩み続ける一方で、これまでのマリアの行動によって一か所に集結してしまったイングランド軍と、彼らを一気にたたきのめそうと集まったフランス軍とで、戦場にはかつてないほど大量の兵士が集まっていく。果たして、マリアの選ぶ道やいかに。

LIBER VIII LUPUS EST HOMO HOMINI ―第八話 人は人にとって狼―

  • 24分 
  • 7日間 220 pt 〜

肩に傷を追い、魔女エドウィナの家で手当を受けていたマリアだったが、なんとか森の中の家に戻れる程度に回復した。そんな中、マリアの不在中に村の少女・アンの祖母マーサの容態が悪化したことが判明し、プリアポスに様子を見に行かせる。マーサは修道士・ジルベールが持参した"特別な薬"を飲み一命を取り留めたが、倒れた原因をジルベールに聞かされたアンは混乱してしまう。

この作品をみた人はこちらもみています