ひとよ

ひとよ

十五年前のある夜、三兄妹が両親と暮らすタクシー会社の営業所で事件が起こる。その、たった“ひとよ”の出来事によって、家族の人生は激変。三兄妹の運命を大きく狂わせてしまう。そして十五年後、それぞれが別々の人生を歩んできた三兄妹は、思いもよらない“家族”との再会を果たすことになる。

配信開始日:2020年06月24日

ひとよの動画まとめ一覧

『ひとよ』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

ひとよ

レンタルする

ひとよ

550 pt

ひとよ
視聴期間: 3日間 550 pt
視聴時間:02:03:05

十五年前のある夜。「稲村タクシー」の営業所では、兄・大樹、弟・雄二、妹・園子の三兄妹が両親の帰りを待っていた。帰宅した母・こはるは、震える手を抑えながら「お母さん、さっき……お父さんを殺しました」と衝撃の言葉を口にする。執拗な暴力から子供たちを守るため、彼女は罪を背負うことを選んだのだ。
こはるは「十五年経ったら、必ず戻ってくるから」と三兄妹に言い残し、警察へ出頭。そのまま音信不通となった。

それから十五年が経過。東京で暮らす雄二は、大衆雑誌の編集者として働くフリーライターになっていた。
それは、少年時代に抱いていた「小説家になる」という夢には程遠い生活だった。一方、大樹は地元の電気店の娘と結婚して雇われ専務として働き、園子は地元の寂れたスナックで働いていた。そして「稲村タクシー」は、親族が経営を引き継ぎ「稲丸タクシー」と会社名を変えて営業を続けている。母が姿を消して、今年で十五年目。三兄妹は事件の傷が癒えないまま、それぞれの人生を歩んでいた。

ある夜、大樹と園子は営業所に不審な人影を発見する。山登りフル装備の白髪頭の中年らしき女性。それは、十五年ぶりに見る、母・こはるの姿だった。思いもよらない家族の再会。だが、過去の事件によって周囲から誹謗中傷を受け続けた三兄妹のこはるに対する想いは、それぞれだった。こはるの帰りを温かく迎える「稲丸タクシー」の人々。一方で、稲村家への嫌がらせが、再びエスカレートする。果たして母と三兄妹は、バラバラになった家族の絆を取り戻せるのだろうか……。

ひとよの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

白石和彌

脚本

高橋 泉(※「高」ははしごだか)

音楽

大間々 昂

原作

桑原裕子「ひとよ」

製作総指揮

佐藤直樹

製作

新井重人、千葉伸大、加太孝明、宮崎伸夫、瓶子吉久、渡辺章仁、永田勝美、豊田勝彦、有馬一昭

エグゼクティブプロデューサー

福家康孝、安藤親広

プロデューサー

高橋信一、長谷川晴彦、安田邦弘

アソシエイトプロデューサー

関根健晴、飯田雅裕

撮影

鍋島淳裕(J.S.C)

美術

今村 力

照明

かげつよし

録音

浦田和治(J.S.A.)

装飾

多田明日香

編集

加藤ひとみ

音響効果

柴崎憲治(J.S.A.)

衣装

宮本まさ江

ヘアメイク

有路涼子、石田 伸

VFX スーパーバイザー

朝倉 怜

助監督

茂木克仁

制作担当

宮森隆介

製作幹事・配給

日活

配給協力

ライブ・ビューイング・ジャパン

企画・制作プロダクション

ROBOT

製作

日活、アミューズ、ROBOT、朝日新聞社、集英社、ローソンエンタテインメント、ひかりTV、ライブ・ビューイング・ジャパン、イオンエンターテイメント

製作年

2019年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

楽園

楽園

原作:「悪人」「怒り」吉田修一×監督・脚本:『64-ロクヨン-』瀬々敬久 心えぐられる衝撃のサスペンス大作

初恋

初恋

最期に出会った、最初の恋

ラストレター

ラストレター

君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?

マチネの終わりに

マチネの終わりに

たった三度会ったあなたが、誰よりも深く愛した人だった―

新聞記者

新聞記者

官邸とメディアの裏側を描く、孤高のサスペンス・エンタテインメント!

AI崩壊

AI崩壊

その日、AIが命の選別を始めた。

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族

全員失業中の一家が目指す、高台の豪邸。最高の就職先には、誰も知らない秘密があった――。

億男

億男

お金とは何か?幸せはどこか?

記憶にございません!

記憶にございません!

この男に任せて大丈夫か。

天気の子

天気の子

これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語

寝ても覚めても

寝ても覚めても

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

(C)2019 「ひとよ」製作委員会