氷菓

氷菓

米澤穂信原作 学園ミステリー〈古典部〉シリーズ初の映画化

謎解きは手短に。

◆累計230万部突破!! 米澤穂信著、青春学園ミステリー〈古典部〉シリーズ待望の初映画化。

原作は、「折れた竜骨」で第64回日本推理作家協会賞、「満願」で第27回山本周五郎賞を受賞、「王とサーカス」「満願」では「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「ミステリが読みたい!」で1位、史上初ミステリーランキング2 年連続三冠を獲得した人気ミステリー作家・米澤穂信の「氷菓」。その後全6作品が刊行され累計230万部のベストセラー〈古典部〉シリーズの第1作だ。
シリーズ最大の魅力は古典部員4人のキャラクター。折木奉太郎という“省エネ主義”の男子高校生は“天才探偵”。お嬢様のえるは謎解きが大好物の“依頼人”。奉太郎とは対象的に享楽的で小回りの効く“データベース”福部里志は“情報屋”、勤勉で自他共に対して厳しい伊原摩耶花は“所長”的ポジションを担う。

◆山崎賢人(※「崎」は旧字)×広瀬アリス主演、フレッシュキャストが豪華競演!

主人公・奉太郎には、多数の映画ドラマや舞台で大活躍中、急成長を遂げる人気俳優・山崎賢人(※「崎」は旧字)。省エネでありながら鋭い推理力を秘める奉太郎を演じることで、新たな境地を開拓している。えるには、NHK連続テレビ小説「わろてんか」などでも注目を集める女優・広瀬アリス。えるの好奇心を象徴する美しく大きな瞳で、奉太郎をひっぱっていくポジティブでまっすぐなえる像を作り上げた。伊原摩耶花役に小島藤子、福部里志役に岡山天音と、フレッシュキャストの豪華競演が実現。そして、本作の物語の重要な鍵を握る役どころ、関谷純を本郷奏多が好演。斉藤由貴、眞島秀和ら実力派俳優陣が脇を固め、小説「氷菓」の世界を、ミステリアスに表現する。

◆ほろ苦くも眩しい青春ミステリーを彩る主題歌はイトヲカシが担当。

17年、初の全国ライブツアーが全会場即完売となるなど注目を浴びている音楽ユニット、イトヲカシが本作の主題歌を担当。主人公・奉太郎の気持ちに寄り添って制作した、という曲「アイオライト」は、物語を通して成長する主人公たちに寄り添い背中を押すようなさわやかな後味を持つ青春100%の楽曲だ。

配信開始日:2018年03月21日

氷菓の動画まとめ一覧

『氷菓』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

氷菓

レンタルする

氷菓

440 pt

氷菓
視聴期間: 2日間 440 pt
視聴時間:01:54:16

「わたし、気になります!」奉太郎の安穏な高校生活が彼女の一言で一変した…。
“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎のモットーは「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢さま・千反田える。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼される…。旧友、福部里志、伊原摩耶花も加わり、神山高校新生古典部として活動を開始した彼らは、事件の真相へと迫ってゆく―。

氷菓の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本

安里麻里

原作

米澤穂信「氷菓」(角川文庫刊)

主題歌

イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス

製作年

2017年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

氷菓

氷菓

青春は優しいだけじゃない。痛い、だけでもない。

(C)2017「氷菓」製作委員会