ハード・コア

ハード・コア

山田孝之×佐藤 健×荒川良々 豪華競演の山下敦弘監督最新作!
平成の奇書!伝説的コミックが遂に映画化!

ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(15)で絶妙なコンビネーションを見せ、「山田孝之のカンヌ映画祭」『映画 山田孝之3D』(17)の2本では、自由な映像表現で映画ファンを驚愕させた俳優の山田孝之と監督・山下敦弘。
そんな盟友コンビによる待望の劇映画となる本作は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。
10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督は、初めて組んだ『BUNGO~ささやかな欲望~』(12)の撮影後にお互いが原作のファンであることを確認し、ともに映画化を夢みていたという。
そんな念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇るときがきたのだ。
主人公の権藤右近を演じるのは、この役を体現する日がくることをずっと待ち焦がれていた山田孝之。
牛山役には、10年ほど前に山下監督と居酒屋で原作について語り合い、「牛山役は自分しかない」という荒川良々。右近の弟・権藤左近を、山田孝之が直々に口説き、「彼との兄弟役と聞いて2秒で出演を決めた」という佐藤 健が演じているのも話題。さらに、松たか子のスペシャル登場、そして石橋けい、首くくり栲象、康すおん らが個性豊かなキャラクターを演じ、物語をより豪華に彩る。
豪華キャストが結集し、山下監督の盟友・向井康介が脚本を担当した本作は、これまでの山下敦弘タッチを漂わせながらも、切なくて可笑しく、ファンタジーも織り交ぜた、まさにこの平成末期に必見の、男たちの人生活劇だ。
エピローグに原作コミックにはない映画ならではのシークエンスが加えられ、Ovallと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONボーカル・ギターの後藤正文=Gotchのコラボレーションによる書き下ろし楽曲「なだらかな夜」が、感動をより増幅させる珠玉の1本はこうして産み落とされた。

配信開始日:2019年03月19日

ハード・コアの動画まとめ一覧

『ハード・コア』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

ハード・コア

レンタルする

ハード・コア

432ポイント

ハード・コア
視聴期間: 2日間 432ポイント
視聴時間:02:04:22

現代日本――。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。
そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤 健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

ハード・コアの作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

山下敦弘

脚本

向井康介

原作

狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)

製作年

2018年

製作国

 日本

出演キャスト

こちらの作品もチェック

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

「この声に、世界がヤラれるっ!!」爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

search/サーチ

search/サーチ

娘を検索する――はじめて知る闇

すごくエッチなどっきりカメラ!!2

すごくエッチなどっきりカメラ!!2

やらせ一切なし!

スカイスクレイパー

スカイスクレイパー

新しく建設された、高さ1キロメートル、240階建ての世界最大のビル「ザ・パール」

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

響 -HIBIKI-

響 -HIBIKI-

私は、曲げない。少女の名前は響。「天才」とは彼女のための言葉。

万引き家族

万引き家族

盗んだのは、絆でした。

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

いぬやしき

いぬやしき

こんなヒーロー、見たことない。

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

事件の謎は俺。俺なのか――

未来のミライ

未来のミライ

ボクは未来に出会った。

ユリゴコロ

ユリゴコロ

人殺しの私を、愛してくれる人がいた。

(C)2018「ハード・コア」製作委員会