22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

殺人告白本から事件が始まる新感覚サスペンス・アクション大作!

全国民を魅了する殺人犯
「はじめまして、私が殺人犯です」
事件(ゲーム)は、ここから始まる。

時効後に名乗り出た、殺人の告白
かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。
顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。
マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。
それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった……。
時効に守られ、絶対に捕まえられない美しき殺人犯・曾根崎に『デスノート』『藁の楯』『僕だけがいない街』の藤原竜也。
22年前、逮捕寸前まで犯人を追い詰めながらも取り逃がした刑事・牧村に、「海猿」シリーズ、『悪の教典』の伊藤英明。
日本中が見守る告白の行方は――?
事件(ゲーム)は、とんでもない領域へと加速していく!

配信開始日:2017年09月06日

22年目の告白-私が殺人犯です-の動画まとめ一覧

『22年目の告白-私が殺人犯です-』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

22年目の告白-私が殺人犯です-

レンタルする

22年目の告白-私が殺人犯です-

432ポイント

22年目の告白-私が殺人犯です-
視聴期間: 2日間 432ポイント
視聴時間:01:56:54

時効を迎えた連続殺人事件。 その男は、突然現れた―。
「はじめまして、私が殺人犯です」

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出た。
会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。
顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。
マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。
それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。

時効に守られ、絶対に捕まえられない美しき殺人犯・曾根崎に『デスノート』『藁の楯』『僕だけがいない街』の藤原竜也。
22年前、逮捕寸前まで犯人を追い詰めながらも取り逃がした刑事・牧村に、「海猿」シリーズ、『悪の教典』の伊藤英明。
さらに、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一ら若手実力派俳優陣と、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオルをはじめとするベテラン演技派俳優陣が競演。
日本中が見守る告白の行方は――?事件(ゲーム)は、とんでもない領域へと加速していく!

22年目の告白-私が殺人犯です-の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督・脚本

入江悠

脚本

平田研也

音楽

横山克

製作年

2017年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

殺人の告白

殺人の告白

私が殺人犯です―

こちらの作品もチェック

クリーピー 偽りの隣人

クリーピー 偽りの隣人

未解決の一家失踪事件×奇妙な隣人家族。

ミュージアム

ミュージアム

あなたは、最悪のラストを期待する。

怒り

怒り

あなたは殺人犯ですか?

何者

何者

恋愛、友情、就活、裏切り。これが僕たちのリアル。

帝一の國

帝一の國

野心が、とまらない!!!

3月のライオン[前編]

3月のライオン[前編]

闘うことでしか 生きられない。

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world

あの事件から10年――これで、すべてを終わらせる。

本能寺ホテル

本能寺ホテル

私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

子供が消える町に、“それ”は現れる。

新宿スワンII

新宿スワンII

新旧豪華キャスト の 熱演! 最強 シンジュク VS 最恐 ヨコハマ の ドラマ が 幕を 開ける !!

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

たった30日恋するためにぼくたちは出会った

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

ラスト、きっと このタイトルに涙する。

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会