彼女、お借りします 第2期

彼女、お借りします 第2期

   

   
ダメダメ大学生・木ノ下和也は清楚可憐な“レンタル彼女(レンカノ)”・水原千鶴と出会い、
家族にも友人にも、千鶴が “彼女”だと嘘をついてしまう。

本当のことが言い出せないまま日々をすごす和也の周囲には、
謎アタックを仕掛けてくる、小悪魔的な元カノ・七海麻美、
やや強引なところがある、超積極的な彼女(仮)・更科瑠夏、
極度の人見知りだが、健気で頑張り屋の後輩レンカノ・桜沢 墨と、
超絶美少女な“彼女”がいっぱい!!

飲み会や海水浴、温泉旅行にクリスマス、お正月。
様々なイベントを乗り越え、千鶴への想いが募っていく和也。
そんな中、千鶴から”2人の関係”を揺るがす告白が……!

「私、レンカノ辞めようと思うの」
もっと見る

配信開始日:2022年07月07日

彼女、お借りします 第2期の動画まとめ一覧

『彼女、お借りします 第2期』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

無料動画

1話 「夢と彼女」-ユメカノ-

レンタルする

1話 「夢と彼女」-ユメカノ-

無料

1話 「夢と彼女」-ユメカノ-
視聴時間:24:27

「女優1本でやってくのも、アリかなって」
“彼女のフリ”をしてもらっている水原千鶴のひと言に、ダメダメ大学生・木ノ下和也は破滅の危機に立たされていた。千鶴は女優として出演する舞台が成功したら、レンカノを辞めるというのだ。
舞台の情報を目にした和也は、こっそり劇場を訪れる。そして、運命を左右する舞台の幕が上がり――。

PV

レンタルする

PV

無料

PV
視聴時間:01:40

各話

2話 「いつもの彼女」-オフカノ-

レンタルする

2話 「いつもの彼女」-オフカノ-

220 pt

2話 「いつもの彼女」-オフカノ-
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:24:27

チャンスを逃して落ち込む千鶴を応援し続けると決めた和也は、さっそくレンカノのサービスを利用する。
いつものようにデートを終えた和也に、千鶴はいつもと違うひと言を投げかける。
「あなた時間ある?ちょっと寄りたいところがあるんだけど」
レンカノではないオフタイムの千鶴は、和也をとある場所に誘い……!?

3話 「再来の彼女」-サイカノ-

レンタルする

3話 「再来の彼女」-サイカノ-

220 pt

3話 「再来の彼女」-サイカノ-
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:24:27

家に帰った和也のもとに、先ほど別れたばかりの千鶴が訪ねてくる。
「鍵…失くした……」
自宅に千鶴を招き入れるという状況に、混乱と興奮が抑えられない和也。
しかしそんな中、二度目のインターホンが鳴り響き、第二の来訪者が和也の部屋を訪れる。

4話 「夜と彼女」-バンカノ-

レンタルする

4話 「夜と彼女」-バンカノ-

220 pt

4話 「夜と彼女」-バンカノ-
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:24:27

大学のコピー機で資料を印刷している和也のもとに麻美が現れ、千鶴がレンタル彼女であることを知っていると告げる。
麻美と千鶴のやり取りを知っている和也は、オーバーリアクションで誤魔化そうとする。
そんな和也の慌てぶりに、麻美は思いがけない一言を告げる……。
「まさか和くん。本気になってないよね?」

5話 「誕生日と彼女」-バーカノ-

レンタルする

5話 「誕生日と彼女」-バーカノ-

220 pt

5話 「誕生日と彼女」-バーカノ-
視聴期間: 2日間 220 pt
視聴時間:24:27

瑠夏との一夜の翌朝、和也は千鶴と偶然出会う。
自然体を努めながら千鶴にレンタルの誘いを行うも、瑠夏との関係を誤解されたまま断られてしまう。
何とか誤解を解きたい和也は千鶴の誕生日に気がつき、ある決意をする。
「しっかりお祝いして、なんとか誤解を解きたい!」

彼女、お借りします 第2期の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

原作

宮島礼吏(講談社「週刊少年マガジン」連載)

監督

古賀一臣

シリーズ構成

広田光毅

キャラクターデザイン

平山寛菜

音楽

ヒャダイン

音響監督

高桑 一(※「高」ははしごだか)

美術監督

秋葉みのる

色彩設計

石黒文子

撮影監督

坂井慎太郎

アニメーション制作

トムス・エンタテインメント

アニメーション制作協力

スタジオコメット

製作年

2022年

製作国

 日本 日本の国旗

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

彼女、お借りします

彼女、お借りします

たった一度のレンタルで、輝き出すリアルがある! ラブ×ドキMAXの無鉄砲ラブストーリー、開幕!

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会2022