『BONES ―骨は語る― シーズン7』の動画一覧

まとめ買い

全話第1話~第13話

  • 字幕/吹替 
  • 30日間 1,501 pt 〜

    30%OFF

埋もれた記憶 / フードファイター殺人事件 / 悲しきプリンス / 小包にされた男 / 竜巻の真相 / 暗号は背骨の中に / 消えた囚人 / ハイウェイの死体 / 青い死体 / いじめの結末 / 一族の争い / ハリウッド殺人事件 / 決断のとき

第1話~第7話

  • 字幕/吹替 
  • 14日間 924 pt 〜

    20%OFF

埋もれた記憶 / フードファイター殺人事件 / 悲しきプリンス / 小包にされた男 / 竜巻の真相 / 暗号は背骨の中に / 消えた囚人

第8話~第13話

  • 字幕/吹替 
  • 14日間 792 pt 〜

    20%OFF

ハイウェイの死体 / 青い死体 / いじめの結末 / 一族の争い / ハリウッド殺人事件 / 決断のとき

本編

第1話 埋もれた記憶

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

州立公園で頭部を損傷した腐乱遺体が発見された。アンジェラの復顔で、被害者が過去に2度失踪届けを出されていたクレアという女性だと判明。彼女の夫で牧師のセラーノは、クレアが最初の失踪から戻った時に記憶を失くしていたと話す。ブースは彼女の主治医ヤズリックの元へ。そこでトレバーという男性からクレアが夫の事を恐れていたと聞くが……。一方、ブースの子供を身ごもっていたブレナンは、彼と同居するべきか悩んでいた。

第2話 フードファイター殺人事件

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

アパートの一室で大型ヘビ用のテラリウムに倒れて上半身をネズミに食べられた遺体が見つかる。やがて被害者がフードファイターのティナだと判明。彼女はフードファイト界のスターだった。彼女の才能に目を付け、日本のTV局に番組を売り込んでいた男から、彼女がその日開催される大会に出場予定だったと聞いたブレナンとブースは大会会場へ。優勝者のロンがライバルを蹴落とすために彼女を殺したと疑うが、彼にはアリバイがあった。

第3話 悲しきプリンス

  • 43分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ゴミの不法投棄所でラップに包まれた遺体が発見される。ラップに残った手の跡から被害者がオモチャ会社の重役デビーだと判明。彼女は少女に人気の王子様人形と一緒に遺棄されていた。ブレナンたちはCEOビアンカからデビーが優秀だったと聞くが、彼女のライバルだったローレンスは、彼女が最近会社を休みがちだったと言う。デビーのPCを調べたアンジェラは、彼女がオークション・サイトで会社のビンテージ・トイを追っていた事を突き止めるが……

第4話 小包にされた男

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ブースの祖父ハンクが突然現れ、ブースに父の訃報を知らせる。ブレナンは彼を心配するが彼は父の死に関心を示さない。その矢先、郵便小包の中からバラバラ遺体が発見された。送り状のコードから発送店を突き止めたブースたちは、その店の従業員オリバーが被害者で、死ぬ前に失踪していたと知る。店では店長と3人の元従業員が宝くじで大金を手にしていた。ブレナンは実はオリバーもクジに参加して、賞金を巡ってトラブルがあったと考える。

第5話 竜巻の真相

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

キャンプ場でフェンス板が刺さった遺体が見つかる。遺体には強い摩擦跡が残っていた。ジャックの調べで死後5週間程経っていた事が判り、その頃大きな竜巻があった事を思い出す。被害者は竜巻チェイサーのスコットと判明。彼の兄の話から、スコットが竜巻を追うのに使用していた高価な機械が狙われたと考えたブースは、竜巻を撮影していたチェイサーのトニーと撮影監督のウェスから話を聞く。トニーはスコットが誰かと電話でモメていたと言うが……。

第6話 暗号は背骨の中に

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

歴史博物館のリンカーン像の足元に頭蓋骨と背骨だけの遺体が置かれていた。像には血文字が書かれ、その血液には5人分のDNAが含まれていた。分析の結果その5人のDNAが全てFBI捜査官のものだと判明。捜査官は無事だったが、保管所から血液が盗まれていた。監視カメラを手製のレーザーポインターで操作した事が判り、容疑者としてハッカーのペラントが浮上。だが彼は足に発信機を付けられ、外出もコンピューターの使用も禁じられていた。

第7話 消えた囚人

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ある家庭のトイレから、下水から流れ込んだ人骨の一部と眼球が発見される。眼内に残されたレンズの製造番号から、被害者が4週間前に刑務所から脱獄したラゼブニクと判明。ジャックが下水管をロボットカメラで調べたところ、その下水管が刑務所に繋がっている事を突き止め、ラゼブニクは脱獄したわけではなく刑務所内で殺害されたと考える。ブレナンとブースは刑務所に話を聞きに行くが、ブースは今にも子供が生まれそうなブレナンを心配する……。

第8話 ハイウェイの死体

  • 43分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ハイウェイ上で車に轢かれた女性のバラバラ遺体が発見されるが、頭部だけが見つからず、ブレナンは頭部を切断された後で路上に投げ出されたと考える。遺体にはディーゼル燃料が付着し、下着にはクーポンが隠されていた。遺体を轢いたとされるトラックを見つけ出したブレナンたちがトラックを調べたところ、ドライブシャフトに挟まれた頭部が見つかる。ブースは彼女が何かから逃れようとしてトラックの下に潜り込んだと考える。

第9話 青い死体

  • 43分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ゴミの埋立地で青く染まった鳥が大量に死亡し、その中から青い遺体が発見される。遺体は化学物質にさらされ、頭皮と髪の毛がはがされていた。アンジェラの復顔から被害者が高級サロンの人気美容師サンティアゴと判明。彼は顧客の3人の女性から失踪届けを出されていた。彼女たちの話からサンティアゴが顧客と寝ていたと考えたブースたちは、彼の助手だったテオから話を聞く。テオはサンティアゴのライバルだったケビンが怪しいと言うが……。

第10話 いじめの結末

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

森の中から腐敗した遺体が見つかる。被害者は30代前後の男性で刺し傷があった。やがて被害者は妻から失踪届けが出ていたトニーと判明。彼の妻の話から、トニーが仕事上でカールというライバルが現れた事でストレスを感じていたと聞いたブースは、カールを調べるが彼にはアリバイがあると言う。その矢先、トニーが殺される前日に、息子の空手教室の指導者とモメていた事が判る。だが彼は殺人を否認する。

第11話 一族の争い

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ウェストバージニアの森の中で木に貼り付けられた遺体が発見された。被害者は近隣に住むタグ・バブコックと判る。タグの息子たちに話を聞くと、彼らは谷の反対側に住むモブリー家の仕業だと言う。両家は100年もの間憎み合っていた。ブースはモブリー家の当主ノーバートに話を聞きに行くが、彼はいきなり発砲。その理由を敷地内の不法侵入を警戒していただけと話す。確かにモブリー家の敷地には何者かがあちこちを掘り返していた跡があった。

第12話 ハリウッド殺人事件

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ブレナンの小説が映画化され、ブレナンはブースと一緒にハリウッドの撮影スタジオに来ていた。撮影を見たブレナンは、科学的に正しくない表現が多いとスタジオの副社長マンディに不満を告げる。彼女は足病学者のフィルモア博士をコンサルタントに雇っていた。その矢先、セットの小道具にまぎれて本物の遺体が見つかる。ブレナンはジャック役を演じるバリーが植物学の博士号を持っている事を知り、彼やフィルモア博士と共に捜査することにする。

第13話 決断のとき

  • 44分 字幕/吹替 
  • 7日間 165 pt 〜

ハミルトンの動物保護区でオオカミに食べられた遺体が発見される。ブレナンは骨折痕などから、被害者が自分の大学院時代の友人イーサンだと気付く。その直前何者かに携帯の着信音がオオカミの遠吠えに勝手に変えられていた事もあり、犯人はペラントだと断言する。ブレナンはペラントの事をイーサンに相談していた。ブレナンは2週間前に彼と会っていたが、病院の監視映像には彼が姿を消す前の晩に病院から出てきたブレナンが写っていた……。

『BONES ―骨は語る―』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています