『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン3』の動画一覧

本編

EPISODE 21 渦まく熱 WAR

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

ヴァイオレットは、ルーカスの共同親権を求めて訴訟を起こし、証人として同僚たちが次々と証言台に立つ。裁判が進行する中、過去の忘れたい出来事や思いがけない本音が浮き彫りにされ、各々の中に少なからず動揺や不信感、後悔の念が渦巻いていく。また、ヴァイオレットはコスタリカで過ごした後、何故ニューヨークに寄ったのか?何故ルーカスの母親になる決心がついたのか?ニューヨークで出会ったある女性との体験と共に、ケイティによる襲撃事件の詳細が初めて明らかに。そして、ルーカスの親権の行方は…。

EPISODE 22 雪どけのころ IN THE NAME OF LOVE

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

再びベッドを共にしたクーパーとシャーロット。しかし、その後の進展がないことにイラつくシャーロット。そんな中、シェルダンから情熱的な告白を受けた彼女は、彼の誘いに応じることに。一方、1年前にヴァイオレットから結婚セラピーを受けたクレアが、夫と一緒にやってくる。「神を見いだした」と言って、以前とは別人のように明るくなったクレアに、夫は戸惑いを示していた。診察の結果、クレアの“神”の原因は脳腫瘍であることがわかる。また、自宅で産気づいたマヤは、デルを呼んで車で病院に向かうが・・・。

EPISODE 23 美しき友情の終わりに THE END OF A BEAUTIFUL FRIENDSHIP

  • 43分 字幕/吹替 
  • 2日間 220 pt 〜

マヤを乗せた車が信号無視の車に衝突され、マヤは脚の感覚も陣痛さえも失っていた。アディソンは急いで帝王切開にとりかかるが、子宮を傾けた瞬間にマヤの血圧が低下し危険な状態に。帝王切開は中止したものの、脊髄を損傷したマヤと赤ちゃんの両方を救うのは極めて困難だった。そんな時、ファイフが低体温療法を提案する。一方、何も知らずに事故の加害者のオペに当たっていたサム。この騒動の最中、クーパーは突然シャーロットにプロポーズ。そして、皆を待ち受けていた思いもよらない悲しみとは…。

『プライベート・プラクティス LA診療所』シリーズ

この作品をみた人はこちらもみています