『大岡越前』の動画一覧

本編

(1)「頑固くらべ茶碗騒動」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

南町奉行・大岡忠相(東山紀之)は、過去に追放した家臣を探してほしいと南部家当主から頼まれる。一方、北町奉行・伊生正武(高橋光臣)は南部家中のもめ事について調べていた。ある日、妙(松原智恵子)がくず屋から買った仏像の中から大金が出てきて大岡家は大騒ぎに。元の持ち主の浪人・千代田卜斎(片岡鶴太郎)に返そうとするが、卜斎は頑として受け取らない。やがてその卜斎が南部家当主が探している人物だと分かり…。

(2)「友情の行方」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

付木売りのおけい(鈴木梨央)が養生所に担ぎ込まれた。ろうがいと診た新三郎(寺脇康文)は入所するように言うが、おけいは長患いの母おつねが心配だとそれを拒否する。ある夜、おけいの長屋を訪ねた新三郎はおつね用に薬包をいくつか置いていく。翌朝おつねは死亡するが、薬包の中身がトリカブトだったとして新三郎は毒殺の嫌疑で北町奉行所のとらわれの身となる。忠相(東山紀之)は無実を証明するべく、白洲(しらす)に臨む。

(3)「消えた密書」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

将軍・吉宗(平岳大)が急病で倒れ、世継ぎ問題が発生。嫡男・家重派と次男・宗武派の真っ二つに幕閣が割れる事態の中、宗武が老中・松平乗邑(田村亮)へ宛てたと思われる密書を手にした奥女中が何者かに斬られ、そこに居合わせた下っ引きの子吉(山崎裕太)も大けがを負ってこん睡状態となる。どこかへと消えた密書の行方を両派は躍起になって探すが、忠相(東山紀之)だけは今は争っている時ではないと幕閣の前で主張する。

(4)「孝行息子の毒団子」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

親孝行で評判だった喜助(迫田孝也)が父親の太兵衛(花王おさむ)を毒入りだんごで殺害する事件が起こる。認知症が進行した父親の世話に、女房のお清(木内晶子)ともども疲れ切った上での犯行だと、みずからの罪を認める喜助だが、忠相(東山紀之)はその態度に違和感を抱く。一方そのころ、南町奉行所の同心たちは、老人ばかりを狙って金を奪う集団を追い詰め、捕らえようとしていたが、そこに突然お清が包丁を手に現れる。

(5)「すばらしき人生」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

大工の佐吉(波岡一喜)が十両もの大金を盗んだ疑いで捕まる。しかし、同心たちが佐吉の周辺を調べると、出てくる証言は佐吉の人の良さを示すものばかり。やがて、佐吉は捕まる前の晩に大工仲間の徳次(佐藤祐基)と賭場に行ったことが分かるが、佐吉はそのことを否認する。忠相(東山紀之)は佐吉のその態度に違和感を抱く。一方、佐吉と同じ長屋に住む住民たちは、佐吉を助けるために十両を集めようと募金活動を始める。

(6)「命を賭けた恩返し」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

北町奉行所の同心・鴨田(山口馬木也)が、商人・又三殺しの疑いで捕まる。怒った北町奉行の伊生(高橋光臣)は即座に鴨田を罷免するが、忠相(東山紀之)は悪びれる様子もなく罪を認める鴨田の態度に違和感を覚える。一方、殺された又三には、行方をくらましている根付師の梅次(内野謙太)との間にいさかいがあったことが分かる。梅次は又三を実の親だと思っていたらしい。やがて梅次が、自分が又三を殺したと自訴して出てくる。

(7)「新たな御法」(最終回)

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

菓子屋のおかみ・おたき(倉科カナ)には人に知られてはいけない過去がある。喜八(渋川清彦)という男に支配され、つつもたせをさせられていたのだ。その喜八が10年ぶりに現れ、おたきをゆするようになる。一方、喜八に商家の若旦那を殺害した疑いがかかるが、証拠が見つからない。喜八を裁くにはおたきの証言が必要となるが、おたきも同罪となってしまう。忠相(東山紀之)は旧悪を免除する新たな法度の必要性を幕閣に訴える。

大岡越前スペシャル ~初春に散る影法師~

  • 89分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

連続人斬り事件が発生。目撃者から、なんと南町奉行の忠相(東山紀之)が下手人と名指しされる。一方、忠相に瓜二つの浪人が吉原にいた。結核を患うその浪人・月嶋左内(東山紀之)の身を心配する櫻木太夫(本仮屋ユイカ)は、左内が彼女の過去の恨みを晴らそうとしていることに気づいていた。しかし左内はその理由を語らない。やがて次の標的を襲撃しようとする左内。そこに現れた忠相と左内は一騎打ちとなるのだが…。

(1)「消えた三万両」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

将軍・吉宗(椎名桔平)の弟だと名乗る中川正軒(和泉元彌)という怪しい人物が現れ、ご落胤騒動が起きる。そんな中、忠相(東山紀之)は将軍家の祝儀能を取りしきることになるが、江戸城内に町人たちが招かれた機に乗じて盗賊が入り込み、幕府の蔵から三万両が盗まれてしまう。責任を問われた忠相は、三万両を取り戻せなければ切腹という窮地に…。一方、蔵を破った盗賊一味と正軒の間には、あるつながりがあった。

(2)「盗まれた十手」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

新米同心・大介(室龍太)が十手を盗まれた。忠相(東山紀之)が謹慎を申し渡すが、市中では十手を悪用した金品の詐取が多発。作左ヱ門(寺田農)が十手を持った若者・磯次(大八木凱斗)を偶然見とがめるも、逃げられてしまう。一方、お忍びで町に出ていた吉宗(椎名桔平)は、口の利けない若い娘・おくに(藤川心優)に遭遇する。磯次は妹のおくにを女衒(ぜげん)・巳之助(古舘佑太郎)の手から守ろうとしていた。

(3)「越前の首」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

旅籠(はたご)で隠居が殺され、忠相(東山紀之)らの探索の結果、小間物屋の彦兵ヱ(秋野太作)が浮上。善良だと評判の男で、本人もはじめは否定をするが、なぜか一転、罪を認めて牢に入る。そんな中、その息子・彦六(伊嵜充則)が、下手人は他にいるはずだと忠相に直訴。下手人を見つけたら忠相の首をもらうと宣言し、忠相も同意して周囲を驚かせる。一方、北町奉行の伊生(高橋光臣)は度重なる辻斬りに頭を悩ませていた。

(4)「三十両の親心」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

現代の詐欺師に当たる騙り(かたり)屋の一味が江戸を騒がせる中、忠相(東山紀之)の息子・求次郎(石田星空)は市之助(南岐佐)という少年と出会う。その母・多喜(高橋由美子)は「将軍様ご推奨」という触れ込みの学問所に息子を入れるため、浪人である夫・簑島(筧利夫)に刀を金に換えるよう迫り口論に。そんなある日、忠相は刺客に命を狙われ、通りがかった簑島の助太刀で撃退する。何者かが忠相に深い恨みを抱いていた。

(5)「奇策、鴨のお裁き」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

ある日、お忍びで町に出た吉宗(椎名桔平)が裸馬に乗って遠出をしてしまい、忠相(東山紀之)たちは探索に追われる。吉宗は、将軍の鷹狩りの場となっている目黒にたどりつき、かつての恋人によく似た女性・おまさ(剛力彩芽)と出会う。その父・常右衛門(大地康雄)は名主で、村が鷹狩りのために役人たちからさまざまな苦役を課されるため苦労していた。役人の一人・荒木(出合正幸)がおまさに横恋慕していると知った吉宗は…。

(6)「守銭奴の荒療治」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

強欲な金貸し・金兵衛(でんでん)を「守銭奴」と中傷する落書が江戸中に出回る。養生所の伊織(勝村政信)がその「強突く張りの病」を治そうとする中、忠相(東山紀之)の発案で新三郎(寺脇康文)が用心棒に扮し金兵衛に近づくことに。中傷の嵐は店が襲撃を受けるほどの騒ぎになり、息子の清助(深澤嵐)は心を痛めるが、金兵衛は全く懲りる様子がない。そんなある夜、店に賊が入り、金を守ろうとした金兵衛が斬られてしまう。

(7)「母子の真実」

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

残忍な手口の盗賊一味が大店を次々に襲い、忠相(東山紀之)と伊生(高橋光臣)の両町奉行は探索に追われる。一味を率いているのは十年前、義賊として知られた「村雨の吉兵衛」一派の若頭だった男・升蔵(宮川一朗太)とわかるが、かつての手口とあまりにも違いすぎた。そんな中、母一人で娘・おさよ(住田萌乃)を育てている真面目な行商人・おるい(宮本真希)の前に升蔵が現れる。二人の間にはただならぬ因縁があった。

(8)「疫病退散!江戸の危機」(最終回)

  • 43分 NHK見放題
  • 3日間 220 pt 〜

新三郎(寺脇康文)が幕府の鎖国政策について将軍・吉宗(椎名桔平)を批判する文書を目安箱に投じようとし、忠相(東山紀之)と伊織(勝村政信)が懸命になだめる中、おたけ(小林綾子)らの長屋で住人が次々と発熱。当時は命取りにもなった「はしか」であることがわかり、あっという間に江戸中で流行してしまう。奉行所の面々も感染抑止に奔走し、新三郎と伊織は養生所で感染者の治療に当たるが、薬不足で犠牲者が増え続け…。

この作品をみた人はこちらもみています